国立情報学研究所非常勤職員不当解雇裁判

今年3月24日、東京地方裁判所での一審判決で長年契約を更新してきた職員への再任用拒否は違法として、非常勤職員の労働権、生存権認める画期的な判決が出ました。
高裁に上がり、審議も尽くさず1回で結審を言い渡すとう石川義則裁判官の元、3回目で結審、今日判決があり、全面敗訴。不当判決です。
最初から傲慢ともいえる、木で鼻をくくったような態度の裁判官。
原告の代理人の要望、審議をしてほしいという署名約25000筆も無視し、10分近くも開廷を遅らせ、判決理由も述べず、4項目の結論だけを言いわたし、1分で逃げるように退出。
なんと理不尽な!人間として、裁判官として資質を問われるような人が居ると言うことに、腹も立ち情けなく思った。
原告は直ちに上告するとのこと。皆さん応援お願いします。
リンク集の女性ユニオン東京のホームページに全文がPDFで見られます。
http://www.f8.dion.ne.jp/~wtutokyo/index.htm
by chakochan20 | 2006-12-14 00:07 | 活動報告(65)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る