国会ヒューマンチェーン

 12月4日、国会議事堂周りを手をつないで取り囲む「ヒューマンチェーン(人間の鎖)」に参加してきました。
市民団体でつくる「『秘密保護法』廃案へ!実行委員会」が主催。6000人以上(主催者発表)が集まって手をつなぎ「秘密保護法を廃案に」と訴えた。
 ヒュー マンチェーンは、12時35分の段階で繋がり、午後1時と1時30分の2回にわたって、「秘密保護法反対」「強行採決やめろ」のコールが周辺一帯に響き渡った。
  参議院議員会館前では、落合恵子、小山内美江子、佐高信、村井敏邦、田島泰彦、現代書館菊池社長、「週刊金曜日」平井編集長などの各氏がマイクを握り廃案を訴える。さらに国会議員が次々にアピールした。
 私たちの仲間はマスクに×をつけ、この法案が採決されたらものも言えぬ時代が来ることをアピールし、共同通信社や他のプロのカメラマンさんたちに随分と写真を撮られました。
b0107959_21135793.jpg
b0107959_2114441.jpg

b0107959_21272262.jpg

 しかし残念ながら今日5日参議院で、数の力で採決されてしまった。暗澹たる思いである。
日本の秘密保護法は国際基準に満たない稚拙な法案である。秘密の定義が曖昧で広すぎ、官僚組織から独立した第三者機関のチェック機能もなく、官僚に大きな裁量と権限を与えすぎる。それでなくとも、多額の賃金が得られる天下り先を作るために仕事を増やし、既得権を行使してきた官僚たちである。
 政府は今年6月12日に南アフリカのツワネで公表された「国家安全保障と情報への権利に関する国際原則(ツワネ原則)」を参考として法案を練り直す必要があるのでは?
b0107959_21314829.jpg

  「ツワネ原則」とは、国連そのものが策定したものではないが、自由権規約とヨーロッパ人権裁判所のもとで国際的に承認されたもの。
下記は日弁連による「ツワネ原則」の全文日本語訳
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2013/131115.html
by chakochan20 | 2013-12-05 21:33 | 活動報告(65)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る