<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「報道の自由」日本後退 国際NGOランク72位 「多くのメディア、自主規制」

2016年4月20日 朝日新聞掲載 

 国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は20日、2016年の「報道の自由度ランキング」を発表した。日本は、対象の180カ国・地域のうち、前年より順位が11下がって72位だった。特定秘密保護法の施行から1年余りを経て、「多くのメディアが自主規制し、独立性を欠いている」と指摘した。世界的にも報道の 自由は損なわれつつあるという。
 日本は10年には11位だったが、年々順位を下げ、14年59位、15年は61位だった。「国境なき記者団」はかねて、取材の方法しだいで記者も処罰されかねない特定秘密法に疑問を呈してきた。14年12月に同法が施行された後、メディアが自主規制に動くのは、「とりわけ(安倍晋三)首相に対してだ」とした。
 「良い状況」「どちらかと言えば良い」「問題がある」「厳しい」「とても深刻」の5段階では、日本は「問題がある」に位置づけられた。
 ランキングは、インターネットへのアクセスなども含めた「インフラ」や「メディア環境と自主規制」といった独自の指数に基づいてつくる。世界全体で、テロの脅威とナショナリズムの台頭、政治の強権化、政治的な影響力もあるような富豪らによるメディアの買収などを背景に、「報道の自由と独立性に対する影響が強まっている」という。
 国・地域別の自由度では、最上位にフィンランドなどの北欧諸国が目立ち、北朝鮮、シリア、中国などが最下位グループに並ぶ傾向に変わりはなかった。(パリ=青田秀樹

 ■報道の自由度ランキング
 (カッコ内は前年順位)
 <上位5カ国>
  1 フィンランド(1)
  2 オランダ(4)
  3 ノルウェー(2)
  4 デンマーク(3)
  5 ニュージーランド(6)
 <G8国>
 16 ドイツ(12)
 18 カナダ(8)
 38 英国(34)
 41 米国(49)
 45 フランス(38)
 72 日本(61)
 77 イタリア(73)
148 ロシア(152)
 <ワースト5カ国>
176 中国(176)
177 シリア(177)
178 トルクメニスタン(178)
179 北朝鮮(179)
180 エリトリア(180)

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ 

 20日朝、NHK放送センターで開かれた会議でNHKの籾井会長は、「原発については、住民の不安をいたずらにかき立てないよう、公式発表をベースに伝えることを続けてほしい」と指示したそうだ。
毎日新聞によると、ある幹部からは「会長の個人的見解を放送に反映させようとする指示だ」という声や、朝日新聞によると職員から「公式発表通りでは自主自律の放送ではない」という反発の声があがっている。
第二次世界大戦中の大本営発表と同じ、国民に対し情報隠しである。

毎日 http://mainichi.jp/articles/20160423/ddm/041/040/111000c

朝日 http://digital.asahi.com/articles/ASJ4R32BTJ4RUCVL009.html

 5年前の東日本震災の時も、民主党政府は「ただちに心配はない」などと嘘八百を並べ立て、自分の家族は即即と九州方面への非難をさせていた。今の安倍政権も同様、この熊本地震では対応が遅い。目立っているのは、オスプレイと自衛隊の活躍、そして、首相に権限を集中させる緊急事態条項の提案である。政府は緊急対応のノウハウを蓄積しなければならないのに、何も学習していない。被災者救済は実務経験のあるNPOの方が立ち上がりが早いし、国は当てにはできないことが明らかになり、自分の身は自分で守るしかないのかと実感した次第である。
by chakochan20 | 2016-04-24 09:53 | ニュース(155)

日本の報道の独立性に「脅威」 国連報告者「政府の圧力、自己検閲生む」

2016年4月20日 朝日新聞掲載

 「表現の自由」に関する国連特別報告者として初めて公式に訪日したデービッド・ケイ氏(米国)が日本での調査を終え、19日に東京都内で記者会見した。「日本の報道の独立性は重大な脅威に直面している」として、メディアの独立性保護や国民の知る権利促進のための対策を講じるよう政府に求めた。
 ケイ氏は日本政府の招きで11日から訪日。政府職員や国会議員、報道機関関係者やNGO関係者らの話を聞き、「特定秘密保護法や、『中立性』『公平性』を求める政府の圧力がメディアの自己検閲を生み出している」と分析。「ジャーナリストの多くが匿名を条件に面会に応じた。政治家からの間接的圧力で仕事を外され、沈黙を強いられたと訴えた」と述べた。
 放送法をめぐっては「放送法のうち(政治的公平性などを定めた)第4条を廃止し、政府はメディア規制から手を引くべきだ」と提言。高市早苗総務相が番組の公平性を理由に放送局の「電波停止」に言及した発言をめぐって、高市氏との面会を希望したが「国会会期中との理由で会えなかった」と明かした。
 特定秘密保護法については「原発や災害対応、安全保障など国民の関心が高い問題の政府情報が規制される可能性があり、内部告発者の保護体制も弱い」と懸念を示した。
 ヘイトスピーチ対策については「ヘイトスピーチの法律は悪用の恐れがある。まずは人種差別禁止法を作るべきだ」と提言。慰安婦問題など歴史問題については「戦争中の罪を教科書でどう扱うかについて政府が介入することは、国民の知る権利を脅かし、過去の問題に取り組む力を低下させる」と懸念を示した。記者クラブの排他性も指摘した。
 ケイ氏は米カリフォルニア大アーバイン校教授で国際人権法などが専門。2014年、国連人権理事会から特別報告者に任命された。今回の訪日についての報告書は17年に人権理事会に提出する予定という。(編集委員・北野隆一)
by chakochan20 | 2016-04-24 09:45 | ニュース(155)

「女性活躍推進法」の履行状況をモニタする院内集会のお知らせ

厚生労働省、男女共同参画局の担当者からの状況を説明、スタートしているデータベースや事業主行動計画の読み方、上手な利用の仕方の解説など。

============================
「女性活躍推進法で本当に『活躍』できる?!~履行状況をモニタする~」

4月1日、女性活躍推進法が施行されました。

ところが、事業主行動計画、データベースともに、ウェブサイト上での企業情報の公開が間に合っておらず、
政府の本気度が疑われると報道されています。そこで、省庁の担当者から状況の説明をいただき、
法律のさらなる周知と現状のモニタリングのために院内集会を開催します。多くの皆さんの参加をお待ちしています。

4月28日(木)午後2~4時 衆議院第1議員会館地下1F大会議室
主催;真のポジティブアクション法の実現を目指すネットワーク
   参加無料! 開場午後1時半

プログラム
・省庁担当者から;法律のねらい、施行後の状況について、事業主行動計画の策定状況、情報開示の状況 など
・日本労働組合総連合会から;労働組合の取り組み状況
・ポジネットから;法律についての補足説明と、計画やデータベースの上手な利用の仕方など

チラシはこちらから
http://genderequalityposinet.web.fc2.com/ 
by chakochan20 | 2016-04-24 09:22 | お知らせ(149)

世界一危険な原発を止めるには今しかない!

別府-島原地溝帯やその縁を走る布田川断層帯の周辺に発生する被害地震は、阿蘇山周辺と熊本市周辺で起こっています。この日本列島最長の中央構造線は熊本を起点として東は四国から紀伊半島を通り、諏訪・松本へ、そこから茨木の鹿島まで達し、西南に鹿児島へと下り、全長1000kmにもなります。
鹿児島方面への活断層が動く可能性も否定はできません。政府は川内原発を止める気はないようです。もう二度と福島の二の舞を繰り返すことはできません。
賛同の署名、お知り合いに拡散宜しくお願いします。


https://secure.avaaz.org/jp/most_dangerous_plant_a/?bKLHjcb&v=75482&cl=9869896227

by chakochan20 | 2016-04-19 10:06 | お知らせ(149)

女性参政70周年記念シンポジウム 女性を議会へ 本気で増やす!

開催日時:2016年4月10日(日)13:00~16:30(会場12:30)
会場:上智大学四谷キャンパス10号館講堂(600名収容)
参加費無料、未就学児保育あり(先着15人まで500円)
申込先:JGO@coco-vote.me
女性参政権70周年記念シンポジウム実行委員会
問合わせ:090-3565-8624

▼ プログラム
【第1セッション】
『日本の女性議員』(朝日選書)出版記念シンポジウム
「女性議員の切り拓いた道」
モデーレーター 安藤優子(キャスター)
登壇者
   三浦まり(上智大学教授)
   進藤久美子(元東洋英和女学院大学教授)
   国広陽子(元東京女子大学教授)
   大山七穂(東海大学教授)
   竹安栄子(京都女子大学地域連携研究センター長)
   目黒依子(上智大学名誉教授)
   橋本ヒロ子(十文字中学・高校校長、女性の地位委員会日本政府代表)


【第2セッッション】
東アジアの躍進に学ぶ 「韓国・台湾の女性議員はなぜ増えたのか?」
モデーレーター 申琪榮(お茶の水女子大学准教授)
登壇者
   金銀姫(韓国緑の党共同政策委員長 ,前女性政治勢力民主連帯代表 )
   李永萍(台湾文化創造産業連盟協会理事長,元立法院委員,元台北市副市長)


【第3セッション】
女性議員を増やすための決意スピーチ 「女性を議会へ 本気で増やす!」

中川正春 政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟会長 衆議院議員
後藤弘子 日本学術会議第一部法学委員会ジェンダー法分科会委員長 千葉大学教授
佐藤香 JG83選挙キャンペーン2016呼びかけ人
女性議員を送り出す市民団体
各政党関係者ほか
by chakochan20 | 2016-04-05 08:06 | お知らせ(149)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧