<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「厚労省が女性を昇格差別」 現役女性係長、国を提訴

2014年10月21日朝日新聞

 厚生労働省の50代の現役女性係長が、女性であることを理由に昇格差別を受けたとして、国に謝罪と約670万円の損害賠償を求める訴訟を21日、東京地裁に起こした。性別を理由にした差別を禁じる男女雇用機会均等法を所管する厚労省で、現役職員が差別解消を求めて提訴するのは異例だ。
 訴状によると、女性は現在、統計情報部に所属。1988年に国家公務員2種採用試験に合格し、翌年入省。96年に係長になったが、その後、18年間昇格していない。一方、同じ2種試験で採用された同期の男性職員のほとんどは課長補佐級以上になっているとしている。
 女性は、保育士や介護福祉士の資格をとるなど能力向上に努力し、昇級も毎年認められているといい、「勤務成績、職務能力などで男性に劣ることは断じてない」と主張。「男女間の昇格の差は女性蔑視が原因」として、男性と同様に昇格していれば受け取れていた賃金分の賠償や、国による謝罪や改善の約束を求めている。
 この日、提訴後に都内で会見した女性は「私だけなら能力の問題かもしれない。でも、部署全体で女性は昇格できておらず、明らかな差別だ」と話した。
 厚労省人事課は「訴状の内容を承知していないのでコメントできない。内容を確認してから適切に対応したい」との談話を出した。(千葉雄高)

http://digital.asahi.com/articles/ASGBP3CYHGBPUTIL00F.html


 男女雇用機会均等法が施行されてから30年近くたっても、差別は依然として解消されていないのが現状なのに、新たに女性活躍推進法など制定されても、罰則もなく、企業側の努力義務のみでは中途半端なもので何の役にもたたない。今ある均等法を使えるようにすることの方が先ではないか。

 昨今は男女賃金差別裁判でさえあやゆく、原告側が勝利することは難しい。昔から昇格差別裁判は経営者の裁量の範囲内であるとの司法の判断である。
ましてや国を相手の裁判は殆どが原告敗訴である。三権分立とは建前上で国の意向が働いているのではないかと思われる判決例が多すぎる。
 今の日本には、楽しい未来はみえないし、破滅に向かって坂道をころげ落ちる政策ばかりである。
by chakochan20 | 2014-10-22 14:20 | ニュース(155)

「女性活躍法案実効性は? 目標数値企業任せ 結果公表義務なし」@東京新聞

2014年10月18日 朝刊

  政府は17日の閣議で、女性の活躍推進法案を決定し、衆院に提出した。「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げる安倍晋三首相の肝いりで、臨時国会中の成立を目指す。大企業などに女性の登用を促す内容だが、実効性の面で課題が残るほか、非正規雇用など厳しい環境にある人への配慮も十分だとは言えない。 (我那覇圭)
 法案では、三百人300人超の従業員を抱える企業に対して、女性の採用比率や幹部に占める割合、労働時間などに関する数値目標を盛り込んだ行動計画の策定と公表を義務付ける。厚生労働省が届け出を受け、優良だと認めた場合は公共事業の発注などで優遇する。10年間の時限立法で、2016年度から実施する。
 行動計画の公表でだれもが企業の取り組みをチェックできるようになり、女性の登用促進が期待できる。しかし、女性の採用比率などに関して目標とする数値の設定は企業任せで、行動計画を届け出なくても罰則はない。取り組みの結果、目標をどの程度、達成できたのか公表する義務もない。
 さらに従業員が300人以下の中小企業は、行動計画の策定そのものが努力義務にとどまっている。全企業の九割以上は中小企業が占めており、働く女性の6割以上は中小に勤めているため、法案の効果は限られている。
 非正規労働者に対しては正社員化を促したり、正社員と同じ労働に対して同じ賃金を払う待遇改善策も欠かせないが、法案からはそうした政府の姿勢はうかがえない。
 しかも、政府は臨時国会に企業の派遣労働者受け入れ期間の上限(3年)を廃止する労働者派遣法改正案も提出し、成立させようとしている。企業にとっては派遣労働者の使い勝手がよくなる半面、雇用が不安定で低賃金の非正規が増える可能性が指摘されている。
 女性の労働問題に詳しい日本労働弁護団常任幹事の圷(あくつ)由美子弁護士は「法案そのものは前向きにとらえているが、労働者派遣法の改正で、派遣で働く多くの女性が非正規にとどまりかねない」と指摘した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014101802000124.html
by chakochan20 | 2014-10-22 13:43 | ニュース(155)

女性の銀座パレード

女性は戦争への道を許さず、憲法9条を守ります。

日時:10月15日(水)
12:00 水谷橋公園集合(MAPは下記のホームページのパンフレットに記載)
12:15 出発、銀座を行進
13:00 解散

主催:集団的自衛権行使容認反対の女性銀座パレードを呼びかける会

呼びかけ人:青井未帆(学習院大学教授)、雨宮処凛(作家・活動家)、池田香代子(翻訳家)、太田啓子(弁護士)、竹信三恵子(ジャーナリスト・和光大学教授)、浜矩子(同志社大学教授)、俣野尚子(日本YWCA会長)、山根香織(主婦連合会会長)、湯川れい子(音楽評論家・作詞)

問い合わせ:日本婦人団体連合会 http://fudanren.info/
      電話3401-6147
by chakochan20 | 2014-10-05 15:31 | お知らせ(149)

院内集会のお知らせ

女性差別撤廃条約と日本-国連への報告
いつまで続く日本の女性差別!?

  日本政府は、第7回及び第8回報告を9月5日に国連に提出し、この定期報告では、これまでの報告書審査(間近では2009年)において女性差別撤廃委員会が表明してきた懸念事項に対して回答することが求められている。
  では、示された回答はそれに答えたものになっているだろうか。何が満たされ、どこが満たされていないのか、NGOの視点で検証し、意見交換会をしたく、皆様のご参加お待ちしています。

日時:10月9日(木)a.m11:30~p.m13:30
場所:参議院会館B-103(資料代500円)
プログラム
①政府報告全般について
②民法改正の行方、女性の労働、議会におけるステレオタイプ
③意見交換

※参議院入り口にて通行証を発行します。

主催:日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク(JNNC)
    http://www.jaiwr.org/jnn/index.htm

下記はプログラム
http://www.jaiwr.org/jnnc/innai20141009.pdf
by chakochan20 | 2014-10-05 15:07 | お知らせ(149)

「女が生きる 男が生きる」シリーズ

3ヶ月にわたり、朝日新聞で掲載されたシリーズである。
このシリーズを掲載するにつき、社内でもかなりの抵抗があり、女性記者さんたちの努力のすえ実現したとのこと。長文につ、お暇な折にでもお読みください。

7月9日
(女が生きる 男が生きる:上)「隠れた意識」に向き合いたい
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11231483.html?ref=nmail_20140709mo&ref=pcviewpage

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11231422.html

7月10日
(女が生きる 男が生きる:下)「アイドル視」覆し、市長再選
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11233611.html?_requesturl=articles%2FDA3S11233611.htmlamp

7月20日
(女が生きる 男が生きる)「女性初」頑張ったけれど/「名ばかり活用」気づいた
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11253814.html?_requesturl=articles%2FDA3S11253814.htmlamp
(女が生きる 男が生きる)女性登用、企業の支援ない
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11253768.html

7月26日
(女が生きる 男が生きる)そこにある貧困:上 月収5万円、子守誰に頼れば
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11265602.html
(女が生きる 男が生きる)そこにある貧困:上 「育児は女性」母孤立
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11265541.html?ref=pcviewpage

7月27日
独身が故の女の貧困 働けど資格取れど、この息苦しさ
http://digital.asahi.com/articles/ASG7R13KSG7QUHBI041.html?iref=comtop_6_06

8月2日
「分断の1985年」上 キャリアダウン働く母だけ?
http://digital.asahi.com/articles/ASG815QCBG81UTIL02X.html

http://digital.asahi.com/articles/DA3S11279017.html

8月3日
「分断の1985年」下 「扶養の国」安心と足かせと
http://digital.asahi.com/articles/ASG7Z7D1XG7ZUTIL04F.html?iref=comtop_6_01

9月7日
(女が生きる 男が生きる)欧米の模索:上 候補者、女性オンリー
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11337826.html?ref=nmail_20140907mo&ref=pcviewpage
(女が生きる 男が生きる)欧米の模索:上 「おじさん議会」、憤る英女性
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11337770.html?ref=nmail_20140907mo&ref=pcviewpage

9月8日
(女が生きる 男が生きる)欧米の模索:下 飲み会、家庭と両立
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11339267.html?ref=nmail_20140908mo&ref=pcviewpage
飲み会は金曜夕方1~2時間 女性管理職増、欧米の工夫
http://digital.asahi.com/articles/ASG975VPQG97UHBI34B.html?iref=com_alist_6_05
by chakochan20 | 2014-10-04 17:58 | ニュース(155)

実効性のある「女性の活躍法」を!推進ふるNGOより

  安倍政権の「女性の活躍法」が、実効性のあるポジティブアクション法になるようにと、2回の院内集会を開催した。臨時国会開催日である9月29日の集会は、150人ほどの参加者があり、マスメディアからのご参加も多く、関心の高さが伺われた。
  9月30日には政府の最後の審議が行なわれて「建議」のとりまとめがあり、今後法案が作成され、諮問・答申、閣議決定を経て国会に提出される。国会での審議は、内閣委員会で行なわれ、成立後は、再び労政審雇用均等分科会にて、省令・指針の審議が行なわれる。
  この関係情報は、今後も、Facebookページに掲載していきますので、共有よろしくお願い申し上げます。

労働政策審議会の建議「女性の活躍推進に向けた新たな法的枠組みの構築について」
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=203629

実効性のある「女性の活躍法」を!推進する非政府団体(NGO)は、「建議」とりまとめ後の取組として、(「建議」に対する)「コメント」を公表しました。
https://www.facebook.com/joseinokatsuyakulaw
by chakochan20 | 2014-10-03 13:43 | お知らせ(149)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧