<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

女性登用比率の数値目標、義務化見送りへ

   今まさに厚生労働省の労働政策審議会で女性の社会進出をすすめる新法を検討している討論の中、27日朝日新聞朝刊に、政府は企業に対し女性の登用比率の数値目標の設定を義務化することは見送ると発表。経済界の強い反発を受けたもので、現状の女性管理職の比率の公表も義務付けないとのこと。アー、又かよー。

  現政権は経済優先の政策のため、女性の活用を掲げ、安倍首相の鶴の一声で急遽労働組合・経済界・有識者の3者で構成する審議会で検討が進められてきた。(4回終了、5回目は9月30日開催)これまでの議論では、経済連など経営側からは義務化することには違和感がある。「数値目標を義務化すると、達成しようと数合わせが行われたり、登用された女性が周囲から反発を受けたりすることもある」と反対の声が出ていた。義務付けないことで、女性の登用の進み具合が又遅れることになる。

 本気で女性の活用をしている北欧やEUは法的にクオータ制を導入し、事実経済も活性化している。
安倍首相は口先だけで「女性が輝ける社会」をと常々公言しているが、本音は今まで通り女性を安くこき使おうと言うものである。ほんの一握りの女性、男性以上に長時間労働をし、努力した人?だけが恩恵を受け、その他大部分の女性たちには光が当たることはない。仕事をしながら家事も子育ても介護もしなければならない女性たちには長時間労働など出来ない現実がある。
  安倍首相は外部向けには良いことをばかりを公言しまくり、一方では足を引っ張る役割作りをしており、結局は実現不可能という、実に巧妙でずるい政権であり、有言不実行の内閣である。

  このような茶番劇の審議会は税金の無駄使いの何ものでもない。参加者には時給ウン万円が支払われているという噂も聞こえてくる。
  出席者の労働組合側は、あまたある労働組合の中から企業の御用組合である連合のみ。
有識者も昨今は経済界寄りの人が多く、エリート集団である連合の労働側が幾ら頑張っても、政府の規制緩和政策が進む現状である以上、改革が進むということはありえない。政府から選ばれる人選にも、はなはだ疑問があり、公正中立的な人が選ばれているとは到底思えない。

   安倍内閣も女性の閣僚を5人入閣させ、支持率アップに繋げたようだが、その女性たちは経歴に問題ある人ばかりのように思う。3人は超保守派の集まり日本会議のメンバーであり、1人はネオナチと呼ばれる人に近いところにおり、外国では要注意人物とのこと。お友達を周りに集めた人事といわれても仕方がない。


女性登用比率の数値目標、義務化見送りへ 国審議会方針
http://digital.asahi.com/articles/ASG9V678KG9VULFA032.html?iref=comtop_list_pol_n05


動画・中野麻美弁護士講演「労働の買い叩きはゆるさない~アベノミクスの真実~」
http://youtu.be/XkVuX_EVgWg?list=UUbavzaZwvWG-SHbsCcf1tKg

レイバーネットTV第74号「特集 女たちが緊急検証・安倍の女性活躍法」
竹信三恵子さん(元朝日新聞社記者、和光大学教授)、柚木康子(元昭和シェル石油勤務)さんのトークです!
http://www.ustream.tv/recorded/53063670

アベノミクス「女性活用」、ガチで言ってる?
http://www.asahi.com/special/keizainyumon/2/

(政治断簡)女性議員増の願い、遺言になる前に 政治部次長・秋山訓子
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11373751.html

低賃金、女たちの闘い 「差別」の判断難しく
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11369728.html
by chakochan20 | 2014-09-29 21:37 | ニュース(155)

院内集会のお知らせ

   「実効性のある『女性の活躍法』を!」ということで、労政審均等分科会では議論が進められ、新法案の立法に向けて急速に動いておりますが、10日の集会に続き、臨時国会開催日とされている今月29日(月)夕方から、再び衆議院第一議員会館にて集会を開催します。

日時:2014年9月29日(月)18時15分~19時45分
会場:衆議院第一議員会館 1階 多目的ホール
内容:雇用均等分科会報告、私たちが求める法的枠組み、会場発言・意見交換
※17 時 45 分より、ロビーにて入室カードを配布。

   「これでいいの!? 「女性の活躍法」」  9月29日に臨時国会が召集されます。
この国会では「地方創生」と「女性の活躍推進」がメインテーマと報道されています。
  8月に突如厚労省雇用均等分科会で始まった「女性の活躍推進に向けた新たな法的枠組みの構築」の論点について議論を深めようと、9月10日、緊急に開催された院内勉強会は120名もの参加で成功しました。
厚労省からの概要説明、現状の問題提起を受けて、会場発言も多数出されました。
  まとめとして「女性が力を発揮できるようにするには、企業や雇用の場面のみならず、政治や社会のあらゆる場面において、ポジティブアクションを広く定着させることが求められています。
私たちは、このポジティブアクションが人間らしい働き方を当然の前提として、正規・非正規、 男女間の所得格差や待遇を改善でき、性別に関係なく、働き甲斐、生きがいのある社会の実現に向かうよう、力を尽くしていきたいと考えます。」と呼びかけを行いました。雇用均等分科会の論議も進んでいます。
  臨時国会の開催日に当たり、「女性が真にエンパワーメントできる社会の実現に向けて」再度院内集会を開催します。 多くのみなさんのご参加を呼びかけます。

呼びかけ人:赤石千衣子、浅倉むつ子、大沢真理、大脇雅子、戒能民江、亀永能布子、鴨桃代、近藤恵子、 酒井和子、竹信三恵子、角田由紀子、中野麻美、中村ひろ子、永井よし子、丹羽雅代、林陽子、皆川満寿美、 目黒依子、柚木康子(あいうえお順)
連絡先:均等待遇アクション21事務局(kintou21@siren.ocn.ne.jp

https://www.facebook.com/joseinokatsuyakulaw
by chakochan20 | 2014-09-24 08:31 | お知らせ(150)

第148回労働政策審議会雇用均等分科会の開催について

[女性の活躍推進法]は、今度の臨時国会に提出される予定。
また、通常国会で廃案になった労働者派遣法も、再度 提出の予定。

日時は、9月24日
傍聴申し込みはFaxで19日5時まで。

・第148回労働政策審議会雇用均等分科会の開催について
http://wwwhaisin.mhlw.go.jp/mhlw/C/?c=203097
by chakochan20 | 2014-09-18 17:37 | お知らせ(150)

☆緊急院内勉強会☆

「女性の活躍推進にむけた新たな法的枠組みの構築」って何?

日 時:9月10日(水)13時~15時

会 場:衆議院第一議員会館 第一会議室

内 容:雇用均等分科会の報告 新たな法的枠組みの全容は?

呼びかけ人(8 月 26 日時点):赤石千衣子、浅倉むつ子、大沢真理、大脇雅子、戒能民江、鴨桃代、 近藤恵子、酒井和子、竹信三恵子、角田由紀子、中野麻美、中村ひろ子、 永井よし子、林陽子、目黒依子、皆川満寿美


 8 月 7 日から厚生労働省の労働政策審議会雇用均等分科会で「女性の活躍推進にむけた 新たな法的枠組みの構築」に向けた審議が始まりました。

 先の通常国会で自民・公明党から女性の活躍推進の法案が出されていますが、これとは別に新たな法案を審議しています。6月に決定された日本再興戦略の「女性の活躍推進」を具体化する立法です。再興戦略の内容からすると、対象範囲は厚労省管轄に限られるものではありませんが、企業の役員や重要なポストに就く女性の割合をオリンピックが開催される 2020年までに 3割にする、働き方を多様化し、労働時間制度や税制を見直すといったことがメインにな りそうで、方向性によっては、男女間格差や女性の貧困をますます深めることになりかねません。

 すでに官房長官は8月2日この秋の臨時国会で審議すると言っています。9 月には 3 回の雇用均等分科会が予定され、月末には建議を出し 10 月には国会上程の勢いです。

 いまや女性の 6 割が低賃金で不安定な細切れ雇用でしか働 くことができていません。違法なただ働き労働を含む長時間労働や男女間の所得格差は、国際社会のなかでも突出しています。
アベノミクスにより景気の回復が言われていても子どもの貧困や生活困難は拡大していま す。私たちは、そうした状況を克服し、すべての女性が政治・経済・社会のあらゆる分野で力を発揮し、公正に報われるための制度と法律を求めます。

 緊急院内勉強会では、再興戦略の何が問題か、日本に必要な改革は何か、私たちはこれ からどうするかについて議論します。
多くの皆さんのご参加を呼びかけます。


連絡先:均等待遇アクション21事務局
(kintou21@siren.ocn.ne.jp)
by chakochan20 | 2014-09-02 21:58 | お知らせ(150)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧