<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

憲法改正

朝日新聞「天声人語」2013年4月28日

―原点に立ち返って憲法を議論し直そうという国会議員らの動きが広がっている。憲法とは何か、何のためにあるのか。そもそもから考える、という。確かに、それ抜きの議論が先走っている。歓迎したい▼民主党の議員らが25日に「立憲フォーラム」という超党派の議員連盟をつくった。同じ日に、やはり超党派の議連「13条を考える会」も発足した。いずれも、憲法の根っこにある立憲主義という考え方を改めて確認しようとしている▼個人の権利や自由が、国家権力なり社会の多数派なりによって奪われることがあってはならない。そのために権力を憲法によって縛っておく、というのが立憲主義である。様々に異なる価値観を持つ人々が、公正に平穏に共存できる社会をつくる。そのための知恵である▼個人の尊重という思想は従来の改憲派には好かれていない。いまの憲法のせいで、「ほっといてくれ」と国家に背を向ける国民が増えた。憲法を通じ、国家が国民にもっと「ああしろ、こうしろ」と言うべきだ。そんな発想が根強い。立憲主義への無知なのか、あるいは懐疑か嫌悪か▼もとより憲法とは国民からの国家への命令であり、逆に国家からの国民への命令が法律である。ああしろ、こうしろが必要なら法律のレベルでやればいいことであり、憲法でどうこうする話では本来ない▼立憲主義を蔑(ないがし)ろにして改憲をする。そのとき憲法は憲法という名前の別物になる。それでいいのか。目下の議論の最前線は実はここにある。―

 もっともな事である。安部政権は今度の参議院選挙で憲法96条の改正を掲げるとしている。憲法改正には、①「両議院において、それぞれ総議員の3分の2以上による賛成」、②「国民投票による過半数の賛成」が要件となっている。阿部首相は両議院において、それぞれの総議員の2分の1に緩和したいらしい。
 日本国憲法は1947年5月に施行され「国民主権」「平和主権」「基本的人権の尊重」の3つを基本原理にしている。
 阿部首相はこの憲法はGHQの強い影響下のもとに作られ、他国より押し付けられた憲法だから変えるべきだとしている。しかし、3つの基本原理はとても理にかなっていると思うのは私1人だけだろうか。その時の権力者の一声で国の方向性を簡単に変えられないよう国民がノーと言える憲法でもある。
 百歩譲ったとしても、②の「国民投票の過半数」を「有効投票権を持った国民の過半数」とすべきで、①だけが一人歩きしてはいけないのでは?
 今の政権、閉塞感の中にいる国民に経済立て直しをうたい、高支持率だからといって少し強引ではないだろか。早急に法改正をする前にもっと国民の声を聞き、もう少し慎重に議論していくべきではないだろうか。
by chakochan20 | 2013-04-28 14:55 | 思うこと(19)

男女平等を進める院内集会のご案内

均等法を男女雇用平等法に!
~男女賃金差別をなくし、仕事と生活のバランスのとれた働き方を~

日時:5月8日(水)11:30~13:00
会場:参議院議員会館 B-104会議室
当日はロビーで通行証をお渡しいたします。
プログラム:均等法改定のポイント 浅倉むつ子さん(早稲田大学)
        審議会委員からの発言、職場報告など
共催:均等待遇アクション21、日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク(JNNC)

 日本のジェンダー平等指数は135カ国中101位。
 CEDAWやILOからも差別的状況の是正が求められているにも拘らず、現状としては一歩も進んでいない。選択性夫婦別姓、婚外子の相続差別、結婚年齢(男子18才、女子16歳)等々、一刻も早く民法改正が求められる。
 今般安部首相が女性の活用を企業に求める声明をだしたが、自分の会社だけが儲かれば良いという島国根性の日本の企業に対し、果たして期待が出来るかどうか?
 昨今の企業は利潤を求め、拠点を海外へと移し、正社員の首切りを賃金で解決できるよう画策している。その上、社員を追い出し部屋に追い遣り、自分から辞めざるえない状態も作り出しているようだ。
政府は疑わしき企業の調査を実施したものの、追い出し部屋はないとの結論を出し、ただやったよと言う既成事実を作っただけ。いくら言葉上で良いことを言っても法的罰則を採用しない限り、何処まで行っても絵に書いた餅にすぎない。
 その一方従来型の年功序列人事は無能な社員をも抱え込む。私の元勤務先朝日熱学も男であれば、順次役職にも昇進し、仕事などしなくとも、ワンマン社長にゴマさえ擂っていれば役員にもなれた。
 これからは欧米のように「ジョブ型」と呼ばれる雇用形態にする必要があるように思われる。
「ジョブ型」とは、地域や職種、労働時間を限定して採用し、その仕事がある限り解雇できない。逆に仕事がなくなれば解雇できるが、会社の命令権限は限定的で配転などを命じる事はできない、と言う雇用形態である。
そして、解雇された労働者の再教育、企業にはルールを守らせる等は政府指導でやらなければ、ブラック企業に取り込まれ長時間の労働を強いられ(サービス残業)、うつ病や過労死する労働者が増えるばかりである。
 非正規労働者が占める割合が労働人口の35%にもなった(24年度厚生労働省発表)日本も正社員・非正規労働者も同じ仕事をしていれば、同一労働同一賃金を採用すべき時であり、安部政権は一刻も早く実現に向け取り組んで欲しい。
がしかし、既成の政治屋・財界人・役人がトライアングルで結託し、その上マスメディアも追従する報道ばかりで、信用たる人がいないのが寂しい。
by chakochan20 | 2013-04-23 22:27 | お知らせ(150)

5/1(水) 《困っちゃう人々》官邸前メーデー

消費税増税?
生活保護改悪?
社会保障切り捨て?
99%を貧困にする政治が進行中!
働いている人も、
働けない人も、
年金で暮らしている人も、
年金が受け取れるか不安な人も、
病気の人も、
障がいのある人も、
仕事で疲れている人も、
仕事がなくて苦労している人も、
生活保護を利用している人も、
生活保護を利用していない人も、
このまますすむと困っちゃう人はみんな集まろう!

日時:5月1日(水)18~20時
場所:総理官邸前(地下鉄「国会議事堂前」駅3番出口すぐ)にて
スピーチ:宇都宮健児、雨宮処凛ほか
※小雨決行ですが、雨天・荒天の場合は時間を短縮する可能性があります。あらかじめご了承ください。

【呼びかけ団体】
このまますすむと困っちゃう人々の会 http://komacchauhito.blog.fc2.com/
ツイッター @komacchauhito

★困っちゃう人々。たとえば、こんな人たち…
雨宮処凛・稲葉 剛・大河内知彦・河添 誠・小松千矢子・信木美穂・徳武聡子・宇都
宮健児・うちやまともえ …ほか全国に多数

*チラシのPDFはこちらでダウンロードできます。
http://moyai-files.sunnyday.jp/pdf/20130501mayday.pdf
by chakochan20 | 2013-04-22 16:53 | お知らせ(150)

「STOP!生活保護基準引き下げ」アクションの院内集会のご案内

【日時】 4月25日(木)16:00~18:00
【場所】 衆議院第1議員会館 多目的ホール
当日、15:45から上記1階ロビーで通行証を配布します。定員は300名です。

【プログラム】
 ■ 基調講演 「“アベノミクス”で弱者はどうなる?」荻原博子さん(経済ジャーナリスト)
 ■ 基調報告 「『生活扶助相当CPI』を検証する」 みわよしこさん(フリーライター)
 ■ ミニ報告 「モデル世帯に見る生活保護基準引き下げの影響」小久保哲郎さん(弁護士)
 ■ 影響をうける当事者の方々の声
【司会進行】 雨宮処凛さん(作家)
  稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)
【主催】「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション


現在、生活保護基準を大幅引下げする内容の平成25年度予算案が国会で審議されています。
 実は、厚生労働省には、「社会保障生計調査」という生活保護世帯の消費データがあるのに、一般世帯の消費データを元にした「生活扶助相当CPI」なる数値を使い、物価下落幅の大きい電化製品の支出割合が増幅された結果、大幅引下げが導かれたことが判明しました。
 予算委員会で、田村厚生労働大臣は、「社会保障生計調査」のデータの開示を拒否しています。
 間違ったデータをもとにした不正な計算で、生存権保障の基準が下げられそうです。

 非正規労働者の賃金より生活保護賃金の方が高いというだけで、生活保護賃金の引き下げを行う前に、非正規労働者の時間給賃金を上げるよう努力すべきだし、不正な生活保護を受けている暴力団関係者の洗い出しを急ぐ方が先と思います。
by chakochan20 | 2013-04-22 16:44 | お知らせ(150)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧