<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「窓」論説委員室から 『男はどうなる?』

「窓」論説委員室から 『男はどうなる?』

 -朝日新聞1月15日夕刊-
「州選出の新しい連邦議員は上下院4人が全て女性」。
米ニューハンプシャー州発のこのニュースに驚いた。米国史上初という。更に、新しい知事も女性だそうだ。
 人口約130万人の小さな州だが、大統領選の予備選を全米で最初に行う事で知られる。一方州議会は、上院議員24人、下院議員400人と、こちらは全米で最大だ。
 同州にあるダートマス大学の政治学者、デボラ・ブルックス助教授は一つの背景として、この州議会の大きさを挙げる。
 同州議会は創立以来、州民の忠実な代表である事を原則とし、下院議員は人口と共に増えて443人にまでなった。1942年に法律で上限が400人と定められ、以来それが事実上の定数となっている。その代わり、給料は年100ドルと、殆どボランティアである。
 「約3分の1を占める女性議員が人材のプールとなっているうえ、女性の強力なネットワークも大きな力になっている」と同助教授はいう。
 「全員女性」へのある同僚の反応は、「じゃ、男はどうなるの?」だった。実はこれこそ、逆の形で女性が思い続けてきたことだ。
 日本といえば、衆議院議員の女性比率は、今回の選挙でまた1割以下に逆戻りした。「じゃ、女はどうなるの?」  (辻篤子)


「窓」論説委員室から『男性化?女性化?』

 -朝日新聞1月18日夕刊-
 世の中、女性化しているのか、それとも男性化しているのか。
 若い男子学生を見ていると、バンカラ風は少ない。若い世代では、積極的に子育てに関わる「イクメン」男性をよく見かける。
 「草食系男子」という言葉がすっかり定着した。女性の男性化を示す「肉食系女子」という反対語があるものの、日本人の行動では女性化の勢いの方が強いのではないか。
 これを寂しく思う向きもあろう。でも、そもそも女性の社会進出が進んでいるわけではない。医療や介護、子育て支援への理解が必要な時代に、世の中の女性化はむしろ歓迎すべき事のように思う。
 東アジアの政治はどうか。どうもこちらは男性化しているようだ。
 先の大戦への日米戦争責任を取り上げ、話題となった小説「東京プリズン」の作家赤坂真理さんは記者会見で、性差の視点から物事を見る面白さを語りつつ、領土問題で対立する日本と中国について「マッチョさを競い合っているようにしか見えない」と話していた。
 そう言えば、政権の要職の顔ぶれを見ると日中とも男性ばかりだ。
 中国の若年人口は、一人っ子政策や中絶技術の普及によって、男性が女性に比べ大幅に増えている。
 男と女、そのバランスをうまく取らなきゃね。  (脇坂紀行)


 女性の視点、男性の視点とそれぞれの立場からコメントだが、日本の現状の一端を垣間見たような思いであり、しかし、お2人ともこれからの社会は男女のバランスが必要とのことでは一致。何事も男と女、半々になることが丁度良い。
 かつての経済大国日本の成れの果てが、この低落の政治を生み出した現況のようにも思える。又その政権に逆戻りし、どう変わるのかが問われている。
 日本中が馬鹿のように浮かれていたバブル期、人の心がお金の価値で決まり、人間性が失われていった時代が本当に幸せだったのだろうか。経済大国になるより、もの造り大国として復興していく事を望むのは無理なのであろうか。
 東日本大震災の復興も遅々として進まぬなか、現政権は第一に経済復興を掲げ、かつての規制緩和をまたまた遣ろうとしている。一時的には回復するかもしれないが、真の政策を打ち出さない限りもとの木阿弥に陥る事間違いない。
 人生において「何事もほどほど、そこそこ」であれば、人は争いもなく平和に過ごせるような気がする。
by chakochan20 | 2013-01-20 09:14 | ニュース(155)

Avvazからのお知らせ

Avaazコミュニティーの皆さま,

理学療法を学ぶ23歳の女性が、インドの首都デリーでバスに乗ったのは先月のことでした。6人の男たちがバスのドアをロックし、数時間にわたり鉄の棒を使って、女性に強姦や残虐な行為を続けました。男たちは裸のままの女性をバスの外に放り投げました。彼女は生き延びようと懸命に戦いましたが、先週末に亡くなりました。

この事件をきっかけにインド国内では大規模な抗議デモが展開されています。インドでは22分に1人の女性がレイプされており、ほとんどの場合、加害者が裁かれることなく、野放しにされます。世界では、なんと10人に7人の女性が身体的または性的虐待を受けていると言われています。デリーで起きたこのような痛ましい事件は繰り返されてはなりません。 -- 2013年、今なお世界中で横行する女性への残虐な暴力行為はなんとしても終わらせるべきです。まずは、インドで起きたこの事件に取り組み、世界中で起きている女性への暴力を終わらせましょう。

インド政府はこの悲惨な事件についてのパブリックコメントを受け付けています。女性に対する暴力を許しているあまりにもひどい、しかしながら一般的ともいえる男性の態度を改めさせるためには、大規模な公教育プログラムの推進と法の強化が緊急に必要とされています。私達100万人がこの訴えに賛同すれば、若い女性が犠牲となったこの惨事を最後に女性への暴力を終わらせ、新たな希望へと変えていけます:

主犯格のひとりは、女性が歯向かおうとしたのだからレイプされて当然なのだと冷たく言い放ちました。インドではレイプ犯ではなく被害者を非難するなど、他にも考えられないような態度が頻繁に見受けられる上、警察もまた強姦事件に関する捜査を怠っていることが指摘されています。このような態度は女性を抑圧する上、男性を誤った行動に導くことにもなりかねません。かなりの予算をかけ行われた公教育キャンペーンにより、飲酒運転や喫煙に関する社会的行動が大幅に改善されました。同様の公教育キャンペーンを発信することで、女性蔑視の風潮を改善することができるかもしれません。インドで強姦が多発している根本的な原因を解決すると同時に、法を改善し迅速に手続きを行えるようにしていくことが必要です。

インドで広告キャンペーンを展開するには、比較的コストがかかりません。ですから、それなりの出資が約束されれば、ある程度の期間、様々なメディアにおいてキャンペーンを展開することができます。 広告キャンペーンは主に、女性蔑視の風潮が残る保守的な男性向けの雑誌やメディアにおいて展開されるべきです。理想的には、そのようなメディアの読者や視聴者に影響力を持つ有名なスポーツ選手などを起用し、女性蔑視の態度について指摘し、そのような態度が間違っていると感じさせるようなキャンペーン広告を展開することです。

インド政府がこの事件後に設置した特別委員会に、性犯罪を厳しく取り締まるよう圧力をかけるために残された時間はわずかです。インドにおける女性蔑視の態度を改めさせることができれば、その他の国々でも同じ手法を用いてこの問題を改善していくことができるかもしれません。女性の待遇を改善し、女性の社会的地位を向上させることにより、社会や経済全体が発展することは世界的にも認められています。ですから、このようなキャンペーンに出資することは、女性蔑視の態度を改善するだけでなく、貧困を減らし経済の発展を促進することにもつながるのです。

ご賛同の方は下記で署名お願いします。
http://www.avaaz.org/jp/end_indias_war_on_women/?bKLHjcb&v=20904

私たちのコミュニティは、これまでにも女性への暴力を終わらせるために最前線で闘い続けてきました。イランでは女性への石打ち刑の廃止を求め、モロッコやウズベキスタン、ホンデュラスでは女性の生殖の権利を支援し、女性や少女が性的な目的で人身売買される「レイプ・トレード」を終わらせるためロビー活動も行ってきました。新しい年を迎えた今、女性への暴力をインドから終わらせていきましょう。

希望を込めて

エマ、リッケン、ルイス、メレディス、イアン、イーアン、マリー、ミシェル、アラフィア、アリソン、およびAvaazチーム一同

関連情報

朝日新聞 強姦事件で揺れるインド 厳罰化求め若者ら連日デモ
http://www.asahi.com/international/update/1229/TKY201212290466.html

時事通信 レイプ被害者、無言の帰国=政府の警戒続くーインド
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201212/2012123000062

産経新聞 印レイプ事件 死亡女性の友人男性が証言「服もなく放置 病院到着まで3時間」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130105/asi13010520130004-n1.htm

サンケイスポーツ 印レイプ事件被害者の父、娘の実名報道求める
http://www.sanspo.com/geino/news/20130106/tro13010620510003-n1.html

Avaazコミュニティを支援してください!
私たちは政府や企業による資金提供は受け取らず、全面的に寄付金によって運営しております。Avaazの小規模なオンラインチームは、どんなに少額の寄付金であっても大いに役立てられるよう取り組んでいます。

Avaaz.org は、世界各国1700万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、4大陸13カ国、14言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookやTwitterもご覧ください。

Avaaz.org 857 Broadway, 3rd floor, New York, NY 10003 U.S.A. Avaaz.orgはニューヨーク、ワシントンDC、ロンドン、リオデジャネイロを拠点に世界中で活動しています。
by chakochan20 | 2013-01-14 17:53 | お知らせ(150)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧