<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「ハシモト的手法を暴く」シンポジウムについて-ピープルズニュース

9/22に都内で開催された「『ハシモト』的手法を暴く」シンポジウム」についての記事が、
「ピープルズニュース」に掲載。

~~~~~~~~~~~~~~

今、大阪で何が起きているのか
「『ハシモト』的手法を暴く」シンポジウム(東京)
2012/10/23更新

「中身のない多数の意見ではなく民意を良質にして政治を動かそう」@「ピープルズニュース」
http://www.jimmin.com/htmldoc/146102.htm

 大阪を舞台に繰り広げられている、人権侵害と言葉の暴力に満ちた「ハシモト」的政治手法の本質を暴き、差別や偏見による扇動とどう効果的に闘うかを考えるシンポジウムが、9月22日、東京都内で行われた。「橋下は、民主主義に対する幻滅を最大の養分として成長した怪物」と山口二郎氏は分析した。(ライター・清水直子)

 主催したのは、「公人による性差別をなくす会」。石原都知事の女性差別発言(「ババァ発言」)に対して、裁判で発言の撤回と謝罪を求めて活動した女性たちが中心になり、09年4月に発足した(石原都知事が、2001年10月に、「文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババァ」「女性が生殖能力を失っても生きているってのは、無駄で罪です」と、惑星科学者の松井孝典氏の「おばあさん仮説」が出所であるとして発言。しかし、後に松井氏は、「石原氏の発言は、自分の理論と真逆の内容である」と述べた)。

 パネリストは、国際人権情報の拠点を目指して活動しているアジア太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長の白石理さんと、女性のための相談事業などに取り組む「女性のための街かど相談室 ここ・からサロン」共同代表の中野冬美さんという大阪から迎えたお2人と、政治学者で北海道大学教授の山口二郎さん。コーディネーターは、元「石原都知事の女性差別発言裁判」代理人でもあり、男女差別賃金裁判や性暴力被害者のための代理人を多数勤める弁護士の中野麻美さんが務めた。

石原暴言を引き継ぐハシモト発言

 冒頭、中野麻美さんは、「石原都知事の女性差別発言裁判の総括がこの集会の出発点である」として、石原都知事の女性差別発言が、橋下徹大阪市長の各種暴言に引き継がれている、と指摘した。

 白石さんが所長を務めるアジア太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)は、08年2月に橋下氏が大阪府知事(当時)に就任すると、大阪府からの補助金の廃止対象とされ、翌09年に補助金が廃止された。これに続き、大阪市からの補助金も廃止。「府民に対して研究成果が十分還元されておらず、府としては法人運営に関与する必要性は少ない」という理由だったという。他にも、人権、平和、男女共同参画に取り組む団体への補助金が廃止・減額されている。

 白石理さんは、「橋下さんは、役に立たないものに行政がお金を出す必要はない、と言った。しかし、人権・平和・男女共同参画に取り組む団体や博物館がなくなって、果たしてその必要を誰が埋めるのか」として、「金儲け」の対象にならない事業を切り捨てる姿勢を「行政とビジネスを同列にとらえている」と批判した。

 中野冬美さんは、今年4月に大阪市改革プロジェクトチームによって提示されたクレオ大阪(大阪市立男女共同参画センター)5館全館廃止(最終的にはクレオ中央1館は存続)の動きについて、「男女共同参画センターの役割は終わったと言うが、日本のジェンダー・エンパワーメント指数(女性の経済・政治の参画度合いを示す)は『先進国』中最悪。この状態で、男女共同参画センターの役割が終わったと言える首長がいることことが、役割が終わっていないことを示している。センターは施策の実現の場でもある。廃止は施策の実現を放棄することになる」と指摘した。

 山口二郎さんは、石原都知事や橋下市長が支持を集める背景について、こう説明する。

 「彼らはなぜ人気があるかといえば、建前と化した人権や戦後民主主義に悪態をついているから。子どもの頃、学校で人権や民主主義はいいものだと当たり前のように押しつけられたことに対する反発が、広範囲にある。世の中全体が貧しくなると、人権の名の下に差別された人を救済する仕組みが、利益団体に付与された特権のように見えてしまう。人権というと特定の騒がしい奴らに怪しい利権を与えているだけではないか、という民主主義不信を、行政が作ってしまった。それを行政の長が遠慮なく叩くので、拍手喝采するという構図がある。しかし、『先進国』で日本ほど人権が軽んじられている国はない」。

建前と化した人権・民主主義を徹底的に叩く手法

 山口さんは、堀田善衛のエッセー「出エジプト記」(『天上大風』所収)から、「民主主義とは、それ自体に、これが民主主義か?という幻滅の感を、あらかじめビルト・インされたform of govermentなのであった」という一節を引いて、「橋下さんは、まさに民主主義に対する幻滅を最大の養分としてここまで成長した怪物。自民党政治が嫌になり、民主党に政権交代しても、ヒーローを待つという気分で民主主義を見ていると、常に幻滅し、幻滅するたびにもっとひどいものを引っ張り出すことの繰り返し。ヒーローを求めず、幻滅するのが当たり前という覚悟でいこう」と呼びかけた。

 「最近、領土問題をきっかけに、ナショナリズムが橋下さんを支持するポピュリズムとワンセットになるという戦後最悪の政治状況になっている」(山口さん)というなかで、事態を打開するにはどうしたらよいのか。

 中野冬美さんは、「橋下さんは、マジョリティの意見を体現しているだけで、『千と千尋の神隠し』に出てくる『顔なし』のようなもの。人々の欲望を食い、形のあるものになっているが、中身はない。『顔なし』に対抗するには、一人ひとりが『顔あり』になるしかない」と言う。

 山口さんは、「19世紀前半にアメリカの民主政治を観察したフランスの政治思想家、トクヴィルは、衆愚政治ではない民主政治はどうしたら可能かということを研究し、出した答えは、中間団体の存在だった。アメリカでは、教会、地域コミュニティなど、人々が自発的に集まり、対話をし、公共的問題について議論をする場がある。生の絞りたての民意は、ポピュリズムやナショナリズムに走る可能性がある。民意を練り、発酵させて質の良いものにして民主政治を動かすという取り組みを広げることには、可能性がある」と語る。

 この解決の方向性は、湯浅誠さんらが呼びかけて、大阪で始まった、おまかせ民主主義から脱し、社会参加するために何かしたいという人を応援するAIBO(Action Incubation Box Osaka)の目指すところとも重なるようだ。

~~~~~~~~~~~~~~

AIBO
http://www.aibofund.net
by chakochan20 | 2012-10-31 08:52 | ニュース(155)

男女格差 日本は101位に後退-世界経済フォーラム

世界経済フォーラムの「The Global Gender Gap Report 2012」より

全文のPDF
  http://www3.weforum.org/docs/WEF_GenderGap_Report_2012.pdf
日本語版プレスリリース
  http://www3.weforum.org/docs/WEF_NR_GlobalGenderGapReport_2012_JP.pdf
朝日新聞
  http://www.asahi.com/national/update/1024/TKY201210240613.html

NHKのWebニュースでは以下のように伝えられています
男女格差 日本は101位に後退
10月24日 7時9分
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121024/t10015967681000.html

世界各国の男女の社会的な格差についての調査で、日本は女性の議員が少ないことなどから135か国中、101位と前の年より順位を3つ落とし、依然、低いランクにとどまっています。
各国の政治や経済界のリーダーが集まる「ダボス会議」の主催で知られるスイスの経済研究機関、「世界経済フォーラム」は、政界や経済界への参加や教育の機会などの観点から世界各国の男女の格差について毎年、調査しています。
24日、公表されたことしの調査結果では、対象となった135か国のうち、各分野を通じて男女格差がもっとも少ないとされたのは4年連続でアイスランドでした。
また、2位がフィンランド、3位がノルウェーと、上位は例年通り、北欧諸国で占められました。
一方日本は、前の年より順位を3つ落として101位でした。
これは主要国のなかでは最も低い水準で、報告書では、国会議員や企業経営者に引き続き女性の割合が低いと指摘されています。
アジア・オセアニア地域のなかで最も順位が高かったのは6位に入ったニュージーランド、ついで8位のフィリピンで、このほかイギリスが18位、アメリカは22位、中国は69位でした。
by chakochan20 | 2012-10-29 08:53 | ニュース(155)

「UN Womenミチェル・バチェレ事務局長に聞く会」の開催

平成24年10月
男女共同参画推進連携会議企画委員会

 2011年1月に発足した、「ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関」(UN Women)の事務局長、ミチェル・バチェレ氏来日に伴い、「UN Womenミチェル・バチェレ事務局長に聞く会」を開催します。
 下記要領により参加者を募集しますので、参加を希望される方は、本ホームページよりお申し込みください。
 なお、会場の定員(500名程度)の都合上、申込者多数の場合はお断りする場合もありますので、あらかじめ御了承ください。


1.日時 平成24年11月13日(火)10:00~12:00 (開場9:30~) ※講演者の都合等により、日時の変更等が生じる可能性がございます。
その際は、当サイトでお知らせするほか、お申し込み済みの方には電子メールでご案内します。

2.場所 学術総合センター2階「一橋講堂」
〒101-8439 千代田区一ツ橋2-1-2
会場への地図は
http://www.gender.go.jp/renkei/ikenkoukan/57/index.html
<最寄駅> 東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄三田線・新宿線「神保町」駅 A8番出口
東京メトロ東西線「竹橋」駅 1b番出口

3.プログラム•ミチェル・バチェレ事務局長より講演
(日英同時通訳あり)

4.申込要領  お申し込みフォーム(https://form.cao.go.jp/gender/opinion-0075.html)にて、11月12日(月)12時までにお申し込みください。
 お申し込みの際は、氏名(ふりがな)、所属、連絡先(内閣府が緊急に連絡差し上げる場合の電話番号(携帯電話も可))を記入して下さい。
 参加の可否については、ご登録いただいたメールアドレスに、申込日の翌日までに(申込日の翌日が休日の場合は、その翌平日までに)、内閣府からメールにてお知らせします。
 なお、内閣府からのメールが当日の参加証になりますので、御来場の際はこれを紙に打ち出してお持ちください。 (注)電話、FAX、メールでのお申し込みは受付いたしておりませんので、予めご了承ください。

5.お問い合わせ先 内閣府男女共同参画局総務課企画係
電話 03-5253-2111(内線83704)

(参考)ミチェル・バチェレ氏
1983年チリ大学医学部卒業
2000年チリ厚生大臣
2002年チリ国防大臣
2006年3月~10年3月チリ大統領(チリにおける初の女性大統領)
2010年9月UN Women(10年7月設立)初代事務局長に就任
by chakochan20 | 2012-10-19 18:33 | お知らせ(150)

ILO国際労働基準局長来日講演

「人権としての国際労働基準」 
    “International Labour Standards as Human Rights”
-------------------------------------------------------------------------------------◆◇◆
【日時】
  10月23日(火)18:00~20:00

【会場】
  弁護士会館17階 1702会議室
   ※会場地図は以下をご覧ください。
 http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/map.html

 
【主催】
  日本弁護士連合会

【共催】
  国際労働機関(ILO)駐日事務所、(公財)人権教育啓発推進センター

【主な参加対象者】
  弁護士・司法修習生・法科大学院修了生・法科大学院生・大学生等

【申込】
必要事項(お名前・所属・電話番号・FAX番号)と件名に「ILO講演希望」を
ご記入のうえメールで、または添付の申込書にご記入のうえFAXにてお申込ください。

参加費無料。

 ◆申込先 mailto:e-mail%3Ayamamoto@jinken.or.jp
Fax:03-3580-984

【連絡先】
  日本弁護士連合会国際課 Tel 03-3580-9741
※ 詳細:http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2012/121023.html

【その他】
  講演は英語で行われますが、日本語への通訳が付きます。



◆◇◆----------------------------------------------------------------------------------------
     「グローバル世界の中の国際労働基準の設定および
            監視活動におけるILOの役割」
      “Role of ILO in Setting and Supervising International
         Labour Standards in a Globalized World”
-------------------------------------------------------------------------------------------◆◇◆
【日時】
  10月24日(水)13:30~15:00

【会場】
  法政大学ボアソナードタワー26階 特別会議場
  ※会場地図は以下をご参照ください。
    http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html

【内容】
  添付「プログラム」をご参照ください。

【主催】
  法政大学

【共催】
  国際労働機関(ILO)駐日事務所、(公財)人権教育啓発推進センター

【申込】
  必要事項(お名前・所属・電話番号・FAX番号)と件名に「ILO講演会希望」と

ご記入のうえメールで、またはFAXにてお申込ください。参加費無料。

  ◆申込先 mailto:e-mail%3Ayamamoto@jinken.or.jp
Fax:03-5777-1803

【連絡先】
(公財)人権教育啓発推進センター総務課 山本 Tel 03-5777-1802

【その他】
  講演は英語で行われます。

=========================================
(公財)人権教育啓発推進センター山本 由理子
〒105-0012東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F
Tel 03-5777-1802 Fax 03-5777-1803
e-mail yamamoto@jinken.or.jp
=========================================
by chakochan20 | 2012-10-18 11:40 | お知らせ(150)

「女性は日本を救えるか」IMF緊急リポート!

17日(水)のP.M7:30~ NHKクローズアップ現代で「女性は日本を救えるか」。
放送時間を拡大して75分間のスペシャル番組を放送。

日本の高齢化・少子化は、世界でも例を見ないほどの勢いで進んでいる。働く人の数“生産年齢人口”は今年から100万人単位で減少、近い将来、世界最低レベルになると予測される。そんな中、日本の経済を立て直すには「女性をもっと活躍させるべきだ」という緊急リポートが、今月IMF(国際通貨基金)から発表される。

日本は、出産や育児で仕事を辞める女性は6割以上、女性の企業幹部もごく僅かという、先進国でも突出して女性が活躍しにくい国。しかし、女性が家庭と仕事を両立しながら能力を発揮することで、労働力の減少を補うだけでなく、新たなイノベーションを生み出し、男性も働きやすい組織に変えるというのだ。

女性も男性も皆がいきいきと働き生活できる社会にするにはどうしたらいいのか。番組には、IMFトップのラガルド専務理事、そして経済同友会の長谷川代表幹事らが出演。日本の未来像をじっくり考える。

(ゲスト)
クリスティーヌ・ ラガルド さん  IMF専務理事
長谷川 閑史(はせがわ やすちか) さん  経済同友会 代表幹事
山極 清子(やまぎわ きよこ) さん  株式会社WIWIW社長
宮本 太郎(みやもと たろう) さん  北海道大学教授
駒崎 弘樹(こまざき ひろき) さん  NPO法人フローレンス代表理事
by chakochan20 | 2012-10-17 08:33 | お知らせ(150)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧