<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日本学術会議公開シンポジウム「雇用崩壊とジェンダー」

日時 2012年10月13日(土)13:00-17:00
場所 日本学術会議講堂
〒106-0032 東京都港区六本木7丁目22-34 TEL 03-3403-3793
(東京メトロ千代田線乃木坂駅出口5 徒歩1分)
https://plus.google.com/114951690431263974385/about?hl=ja
定員 300名(先着順)予約は不要です

趣旨
雇用崩壊というべき現象がおきている。低賃金で不安定な非正規雇用は、最近30年の間に急速に増加し、今や全労働者の3分の1を占める。女性や若年層では過半数が非正規労働者だが、リーマンショックや東日本大震災を契機に、これら非正規の大幅な雇い止めが行われた。一方、正社員も安泰ではなく、長時間・過密労働によって過労死が増え、深刻なうつ病に罹患する人も多い。日本社会は大きな変化の渦に巻き込まれ、働き方は二極化し、雇用全体が崩壊しつつある。
しかしジェンダーの視点でみると、この現象は今に始まったことではない。雇用上の性差別によって、女性は正社員としての就労機会を制限され、非正規のパートや派遣労働者として働いてきた。しかしこの間、国は、均等待遇原則の実効性を強化する施策よりはむしろ、企業利益重視の経営戦略を積極的に後押しする規制緩和政策を推進してきた。その結果が、女性のみならず、すべての労働者を巻き込んでの現在の雇用崩壊を招いているのである。

プログラム
司会  岡野八代(同志社大学・学術会議連携会員)・後藤弘子(千葉大学・学術会議会員)
開会挨拶 上野千鶴子(複合領域ジェンダー分科会委員長・学術会議会員)
報告
1) 「非正規雇用問題・パート派遣について」 中野麻美(弁護士)
2) 「男女賃金格差について」 竹信三恵子(和光大学)
3) 「専門職の非正規問題ーー女性医師の場合」桃井眞里子(自治医科大学・学術会議会員)
4) 「国際比較の観点から」田宮遊子( 神戸学院大学)
コメンテーター
大沢真理(東京大学・学術会議会員)
浅倉むつ子(早稲田大学・学術会議会員)
討論
閉会 閉会のあいさつ 井野瀬久美恵(歴史学とジェンダーに関する分科会・学術会議会員)
連絡先 tokyo-office@wan.or.jp

主催 日本学術会議・社会学委員会複合領域ジェンダー分科会
共催 社会学委員会ジェンダー研究分科会/史学委員会歴史学とジェンダーに関する分科会/法学委員会ジェンダー法分科会/科学者委員会男女共同参画分科会/東北大学GCOEジェンダー平等と多文化共生研究センター/京都大学GCOE親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点/京都大学文学研究科アジア親密圏/公共圏教育研究センター
後援 日本女性学会/ジェンダー法学会/ジェンダー史学会/日本フェミニスト経済学会/日本ジェンダー学会/日本女性心身医学会/総合女性史研究会/国際ジェンダー学会/日本語ジェンダー学会/日本スポーツとジェンダー学会/日本女子体育連盟/イメージ&ジェンダー研究会/早稲田大学ジェンダー研究所/立教大学ジェンダーフォーラム/東海ジェンダー研究所/京都橘大学女性歴史文化研究所/愛知淑徳大学ジェンダー女性学研究所/明治大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンター/ウィメンズ・アクション・ネットワーク(WAN)/女性科学研究者の環境改善に関する懇談会(JAICOWS)/働く女性の全国センター(ACW2)

下記はチラシです。
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/154-s-1-3.pdf
by chakochan20 | 2012-09-26 22:06 | お知らせ(150)

女子差別撤廃委員会(CEDAW)最終見解フォローアップについて聞く会

「「女性の活躍促進による経済活性化」行動計画~働く「なでしこ」大作戦~
及び女子差別撤廃委員会(CEDAW)最終見解フォローアップについて聞く会」の開催

平成24 年9月
男女共同参画推進連携会議企画委員会

 このたび、「「女性の活躍促進による経済活性化」行動計画~働く「なでしこ」大作戦~及び女子差別撤廃委員会(CEDAW)最終見解フォローアップについて聞く会」を開催します。
 下記要領により参加者を募集しますので、参加を希望される方は、本ホームページよりお申し込みください。
 なお、会場の定員(100名程度)の都合上、申込者多数の場合はお断りする場合もありますので、あらかじめ御了承ください。



1.開催日時
平成24年10月10日(水)10:00~12:00 (開場9:30~)
2.場所
内閣府庁舎「講堂」(仮設庁舎2階)
(〒100-8914 千代田区永田町1-6-1、会場への地図 )
<最寄駅>
東京メトロ千代田線・丸の内線「国会議事堂前」駅 3番出口
3.プログラム

「女性の活躍促進による経済活性化」行動計画~働く「なでしこ」大作戦~について(概要説明、質疑応答)
女子差別撤廃委員会(CEDAW)最終見解フォローアップについて(概要説明、質疑応答)

4.申込要領
 お申し込みフォーム(https://form.cao.go.jp/gender/opinion-0075.html) にて、10月9日(火)12時までにお申し込みください。
 お申し込みの際は、氏名(ふりがな)、所属、連絡先(内閣府が緊急に連絡差し上げる場合の電話番号(携帯電話も可))を記入して下さい。
 参加の可否については、ご登録いただいたメールアドレスに、申込日の翌日までに(申込日の翌日が休日の場合は、その翌平日までに)、内閣府からメールにてお知らせします。

なお、内閣府からのメールが当日の参加証になりますので、御来場の際はこれを紙に打ち出してお持ちください。
(注)電話、FAX、メールでのお申し込みは受付いたしておりませんので、予めご了承ください。
5.お問い合わせ先
内閣府男女共同参画局総務課企画係
電話 03-5253-2111(内線83704)
by chakochan20 | 2012-09-24 08:20 | お知らせ(150)

公人による性差別をなくす会」シンポジウム

橋下・大阪市長の「ハシモト」的手法を暴き、私たちにできることを考えるシンポジウム。
前売りチケット制ですので、事務局にお申し込みをお願いします。
チケット代1000円です。

●9・22シンポ 今、大阪で何が起きているのか?「ハシモト」的手法を暴く
人権侵害と言葉の暴力に満ちた「ハシモト」的政治手法が大阪を舞台にまかり通っています。無責任な市場原理主義者、新自由主義の代弁者であるのに、それを巧妙に隠して市民の味方のようにふるまってみせ、その一方で人々の不安と不信に乗じ、メディアを利用した差別的扇動によって人権と民主主義を一気に破壊していく危険な手法。なぜそれが人々に「歓迎」されるのでしょうか?
大阪だけの問題ではありません。
シンポジウムでは、橋下徹大阪市長と大阪維新の会の政治手法の本質を暴き、このような差別と偏見による扇動にどう効果的に闘うか、私たちにできることは何かを考えていきたいと思います。ぜひご参加ください。

シンポ「今、大阪で何が起きているのか?『ハシモト』的手法を暴く」
日 時 2012年9月22日(土)午後1時開場 1時半開会
場 所 東京・千代田区 日比谷公園内日比谷図書文化館 B1コンベンションホール(日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B2、C4から5分 都営三田線「内幸町」A7から3分)

シンポジスト 
白石 理さん(ヒューライツ大阪 所長)
中野冬美さん(女性のための街かど相談室ここ・からサロン」共同代表)
山口二郎さん(北海道大学教授)
コーディネーター  中野麻美さん(弁護士)         
参加・資料代:1000円

 
発言者のプロフィール
白石理さん:
アジア太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長。
1980年より25年間、国連難民高等弁務官事務所本部・人権センター・人権高等弁務官事務所勤務。2006年5月より現職。
大阪市人権施策推進審議会委員を2006年11月~2008年3月まで勤める。

中野冬美さん:
「女性のための街かど相談室 ここ・からサロン」共同代表。産業カウンセラー・キャリアコンサルタントとして、フェミニストカウンセリングの視点で自治体、大学での相談員を務める。シングルマザーをはじめ、女性たちの相談を多く受けている。

山口二郎さん:
北海道大学法学部教授。専攻は行政学、現代政治。イギリスオックスフォード大学客員研究員、ウォーリック大学客員研究員歴任。「政権交代とは何だったのか」(岩波新書)「戦後政治史」(岩波新書)「ポピュリズムへの反撃 現代民主主義復活の条件」(角川oneテーマ)など著書多数

中野麻美さん:
弁護士。NPO法人派遣労働ネットワーク理事長。日本労働弁護団常任幹事。男女差別賃金裁判や性暴力被害者のための代理人を多数勤める。元「石原都知事の女性差別発言裁判」代理人。「労働ダンピングー雇用の多様化の果てに」「労働者派遣法の解説(3訂版)」など著書多数。

主催:公人による性差別をなくす会
http://mndds.pairsite.com/koujinseisabetsu
連絡先:nakusujim@yahoo.co.jp
FAX 03-5988-7286
by chakochan20 | 2012-09-08 11:11 | お知らせ(150)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧