<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フランス大使館

 我マンションの隣は在日フランス大使館である。30年その広大な森を借景として満喫してきたが、ここへ来てフランス本国が、敷地の5/1に当る部分に、超高級マンション(販売価格3億から5億の物件で、各戸の平均床面積40から50坪、総戸数50から60戸、総工費200億円)を建設し、その代わりに老朽化した事務所棟を無料で、マンション売買先の三井物産と野村不動産が肩代わりをすると言う。
 そして今、森の大木を100本も伐採し、築山を取り崩し、そこに新事務所棟を建設中。毎日大型クレーン車がうなり、何百年もかかって育ってきた樹木が次々と無造作に伐採されていく様を見るにつけ、胸が締め付けられる。地球温暖化が叫ばれ、洞爺湖サミットも開かれた最中に、このような環境破壊に走るフランスはお金のために魂を売ったのである。これがフランス本国での出来事なら、如何しただろうか?
 もう緑を享受することもなく、大使館で働く職員ともろに目の会う距離にある我マンションの住民は、これまで幾度となく、大使館や施工業者竹中工務店との話し合いを重ねてきた。治外法権の土地に建築基準法にのっとった建設に対し、真っ向から反対しても自然の森を残してくれるわけでもなく、結局は何も得られないと判断し、それよりはこちらの要望を多く受け入れてもらうよう交渉するしかないという運動に切り替え、苦渋の選択に腹立たしい思いをしている。
しかし、竹中は当初より反対の住民の声を抑えるために、地上げ屋まがいのやくざ風交渉人を差し向け、脅しとも受け取れるような有様だった。この情報化時代に、住民も馬鹿ではない、そうやすやすと騙されはしない。我マンションの理事会には元外務省の外交官でフランスにも長らく駐在した人、元港区長で工学博士・建築家でもあるという専門家揃いなのである。
でもって、いろいろ調査し、法の違法性をつき、その交渉人とは話し合いをしない、竹中の共同設計者としての看板も外させた。その設計事務所は名ばかりで、設計などする社員はいないし、土地開発に際し専門の交渉のみの会社なのである。いわゆる昔の地上げ屋まがいの会社組織を形成しているだけ。今、何処の一流と呼ばれる建設会社でも、この手の会社を使い、近隣住民を黙らせるそうだ。直接自分たちの手を汚さないまでも、遣っていることは人として「くず」同然の行為である。
 工事が始まってからも休工事日の旗日に大騒音の発生する伐採工事を行ったり、建築基準法の手続きの違法性を指摘・是正させたりといい加減な遣り方ばかり。企業のコンプライアンスなど、何処吹く風といった風情。何も解からないと思っている住民たちを煙に巻くことなど屁とも思っていない。それが今一流と言うゼネコンの姿である。あまりにもお粗末。
 ディベロッパーも都内でまとまった土地開発が出来なくなって、広大な土地を持つ各国大使館に目をつけ、手始めにフランス国がターゲットになった。企業は目先の利益しか考えていないので、貴重な森林伐採、環境保護など何のその、なりふり構わずの金儲け主義に徹するのである。
 毎日工事の騒音と埃の中、北側の窓は開けるに開けられず、ストレスの多い日々を過ごしているが、このお盆休みは工事の進捗もなく、久しぶりに窓を全開にし、自然の蝉の大合唱を満喫している。

b0107959_13151251.jpg
b0107959_13214713.jpg
b0107959_13215981.jpg
b0107959_13221379.jpg
b0107959_13224180.jpg

by chakochan20 | 2008-08-17 12:47 | ニュース(155)

北京オリンピック

北京オリンピックが始まり、世界平和のスポーツの祭典でもあり、日頃より努力をしてきた選手たちのハレの舞台でもある。開会式は世界人口の約5分の1、13億人の民を抱える中国らしく、人海戦術を酷使した、歴史的重みのあるセレモニーで、それなりに楽しめた。しかし一概には喜べない。何故なら、あまりにも政治色が前面に出た、「党の党による党のための五輪」と言われ、党主導の政治ショウーが色濃いからである。
新疆ウィグル自治区カシュガルでは、漢民族が不平不満分子ウィグル族を監視し、口封じをする。まるで戦前の日本の憲兵のごとく。雲南省ではバス爆発事件、貴州省甕安県では少女の強姦殺人事件を当局が隠蔽したとして、数万人が県庁舎や公安局の押し寄せ建物破壊、北京からは出稼ぎ農民たちが追い出され、かわって軍や警察の応援組が地方から動員されているという。公安局は「貧富の格差の象徴を排除するのは当然」「汚い彼らは景観を損なう」と平然と言ってのける。
党幹部の大半が愛人を囲い、コネ・ワイロが横行し、警察でさえもお金を払わないと捜査もしてくれないとか。

そんな中、一方ではグルジア紛争(死者2000人、避難3万人)が勃発。グルジアからの分離独立を目指す親ロシアの南オセチア自治州での武力衝突は、ロシアがグルジアへの空爆対象を広げ、状況は悪化する一方だが、ロシアは何故この時期に、米国が北大西洋条約機構(NATO)加盟を後押しするグルジアと「戦争状態」に突入したのか。
ほとんどの参加国首脳らは中国側が手配したメーン会場周辺のホテルに宿泊しているにもかかわらず、ロシアは五輪前、北京市郊外の別荘地にある高級ホテルを借り切って、プーチン首相や財界の要人ら約2千人が宿泊。宿泊費は約15億円を超えると言い、テロ対策のため訓練した警備員や防弾硝子を配備していたという。
選手村のロシア代表選手もほとんどが9日中に、このホテルに移った。
あたかも五輪中にグルジア側との戦闘を予期しての備えだったのか?

そして、北京五輪開幕の注目が集まる中、「もう一つの8月8日を忘れないで」とミャンマー(旧ビルマ)の人たちが各地で声を上げた。20年前のこの日、ミャンマーの当時の首都ラングーンで、ゼネストを呼びかける学生や市民約10万人のデモに、軍が無差別に発砲、全土で3千人が犠牲になり、建国の父アウンサン将軍の娘、スー・チーさんが軍隊を差し向けるのを即刻中止せよと呼びかけた。そして軍はクーデターで全権を掌握し、彼女を翌年から自宅軟禁、今もその状態が続いている。
昨年9月には、ガソリン値上げなどの反発に端を発した市民デモは全土に広がり、日本のジャーナリスト長井健司さんがビデオカメラを握ったまま、銃殺された事件もまだ記憶に新しい。今年5月にはサイクロン被災で14万人以上の犠牲者が出、他国かららの救援入国も拒み、救援物資なども本当に困っている人々には行渡らず、北朝鮮同様、軍関係者の横流しも横行とか。
国連が果たさなければならない役割とともに、北京五輪に沸く中国は、ミャンマー軍事政権にもっとも大きな影響力を持っているのだから、スー・チーさん率いる民主化勢力との対話を実現させるために、責任ある大国としての役割を果たしてほしい。
時代の流れに背を向け、民主化を拒否する軍事政権のもとでは何一つ明るい希望は待てない。

何故、人は宗教・思想の違いで、戦闘・殺人という武力をもって排除しようとするのか?
愚かなそして、痛ましくも嘆かわしいことである。
by chakochan20 | 2008-08-11 09:56 | ニュース(155)

日本労働組合総連合会(連合)

労働組合というと、赤=共産党(全国労働組合総連合会・91万1千人)とイメージが強いが、一人でも誰でも加入できるコミュニティユニオン、東京ユニオンは日本労働組合総連合会(連合)の傘下である。連合は民主党・社民党系の組合で、穏健派なのである。結成当時の1989年は78単産(産業別労働組合)、組合員数約800万人だったが、今現在は52単産、組合員数約675万人と減少。1983年、中曽根内閣より労働分野の規制緩和政策が施行され、労働組合弱体化が進んだ結果である。

連合の最大の加盟組合は、約100万人の組合員を持つUIゼンセン同盟(全国繊維化学食品流通サービス一般労働組合同盟)、以下は地域公共連合(約97万人)、自動車総連(約69万人)、電機連合(約64万人)、JAM(約37万人・金属機械系企業)と重工業系巨大組合が並び、その下に日教組(約30万人)、生保労連(約25万人)、基幹労連(約24万人)、情報労連(約23万人)、電力総連(約21万人)などとなっている。2005年の会長選挙で候補者(鴨桃代)を出した全国ユニオンは3300人で、構成組織50団体中44位にとどまっている。
ホワイトカラーエグゼンプションへの対応については、集会や厚生労働省での審議会で反対の意思表示をしているが、広範な反対運動を組織するには至っていない。恒例で行われる春闘やメーデーで集会を催す以外は広範囲な活動が出来ておらず、連合の存在意義が問う声も上がっている。
懸案とされる非正規雇用者(アルバイト、パートタイマー、派遣労働者など)の組織化に関しては、特に力を注いでおり、パートの組合員が2003年の約33万1千人から2007年には約58万8千人にまで増加した。特に、流通や食品関連の労組であるUIゼンセン同盟傘下労組のパート労働組合員の増加が目立っている。国内のパート労働者1218万人のうち約4.8%が労働組合に加入している計算になる。

2005年10月6日、第9回定期大会で会長選挙があり、前会長が推すUIゼンセン同盟の高木剛と全国ユニオンの鴨桃代が争い、323対107、無効票42で高木が勝ち、新会長となった。ただし、組合員数がUIゼンセン同盟の約0.4%しかない全国ユニオンからの立候補で知名度も無く、労使協調路線を流用する経営側との対決路線の明示や労働者の基本権利を侵害すらする御用組合への批判など左派色の強い主張を唱えた鴨が高木の得票数の約3分の1となった投票結果は、その不意の立候補以上に波紋を投げかけた。これは、全国ユニオンへの加盟母体である非正規雇用労働者の待遇悪化、及びその多くが大規模組合に加盟する正社員(正規雇用)との「労働者格差」の存在を各労働組合が実感し、現場の声は連合に問題解決への対応を迫っているというメッセージとなった。高木は任期の2年の間に19%にまで低下している組織率を20%に向上させ、非正規雇用者への加盟働きかけを強化するとともに、格差社会是正の一つとしてパートタイム労働法の改正を運動方針の一つに掲げた。

8月6日に平成20年度地域別最低賃金額が発表された。改定の目安は、全国の都道府県をA、B、C、Dの4つのランクに分け、引上げ額をAランク15円、Bランク11円、Cランク10円、Dランク7円で全国平均は15円アップで時給700円台。全国でも最も低い沖縄県では、現在最低賃金が618円で、引き上げ額の目安は最低ランクの7円。ただでさえ都市部と地方の格差がさらに広がってしまうという懸念の声もあり、生活保護水準より低い労働賃金で働かねばならない。企業のいうまま規制緩和政策を続け、非正規雇用問題を先延ばしにするとワーキングプワーやシングルマザーが今後益々増え続けるであろう。厚生労働省、労働組合、はたまた政治家よ、しっかり足元を見つめ、日本を立て直していただきたい!

日本労働組合総連合会(連合) http://www.jtuc-rengo.or.jp/
全国労働組合総連合会(全労連) http://www.zenroren.gr.jp/jp/index.html
全国ユニオン http://www.zenkoku-u.jp/
鴨桃代氏 http://docs.google.com/Doc?id=dd69t3f9_0gk27zghh
by chakochan20 | 2008-08-08 10:20 | ニュース(155)

松本サリン事件

「14年前、長野県松本市で起きた松本サリン事件の被害者、河野義行さんの妻で、サリンによる被害で寝たきりの生活を続けていた澄子さんが5日未明、松本市の病院で亡くなりました。60歳でした。
松本サリン事件は、平成6年6月27日の夜、オウム真理教の麻原彰晃・本名松本智津夫死刑囚の指示で長野県松本市の住宅街にサリンがまかれたもので、7人が死亡し140人以上が被害を受けて、今も大勢の人が後遺症に苦しんでいます。この事件の被害者で第一通報者の、河野義行さんの妻、澄子さんは、事件以来サリンによる被害で脳に重い障害を抱え、長野県松本市で14年余りの間、寝たきりの生活を送ってきました。当時、事件との関与を疑われた河野義行さんは、これまで澄子さんの身の回りの世話を続けるとともに、事件の被害者として犯罪被害者を支援するNPOの理事を務め、講演や出版などの活動をしています。妻の澄子さんが亡くなったことについて、河野義行さんは「妻には『長い間よく頑張ってくれた。ありがとう』と伝えました。妻がきょうまで頑張ってきたので、わたしもこれから頑張らなければと思います。妻が亡くなったことで、わたしにとっての松本サリン事件は終わったんだなという気持ちです」と話していました。」-8月5日朝日新聞より-

長い間看病し続けた河野さんのお気持ちとしては、一区切りをつけなければならないが、しかし事件は本当にはまだ終わってはいない。人間は基本的に自分の言動に対し、その責任をもち、取らなければいけない。松本被告は、部下の信者の所為にし、少しの反省もない。人は反省をしながら少しずつ成長していくと思う。何故、こんな馬鹿な男の口車に乗せられ、大量殺人という狂気の世界に、優秀であるはずの若者たちが嵌ってしまったのか。
本当に痛ましい事件であり、今でも後遺症に悩む被害者やご家族のご苦労を思うと、怒りと共に涙してしまう。私も歳を重ね、涙もろくなっている今日この頃である。
澄子さんのご冥福を祈ります。合掌。
by chakochan20 | 2008-08-06 12:25 | ニュース(155)

第23回女性労働セミナー2008

女性労働問題研究会主催の第23回女性労働セミナー2008が代表森ます美教授の昭和女子大学オーロラホールにて、参加者136名の出席で行われた。

講演は
○柴山恵美子氏(労働問題研究家)「EUの雇用平等・ジェンダー主流化の最前線」
○脇田滋氏(龍谷大学教授)「雇用破壊:派遣・請負の働き方の現実“氷点下の世界”からの脱出」

現場からの報告として
○派遣労働と女性ユニオン - 藤井豊味さん(女性ユニオン書記長)
○私の派遣体験 - 冨岡典子さん(首都圏青年ユニオン組合員)

私の訴え!(アピール私の職場・私の運動)
○川崎礼姫さん(東京美装セクハラ裁判)
○木村敦子さん(兼松裁判と職場の現状)
○西村かつめさん(「同一価値労働同一賃金」の立法化を目指しての「省庁交渉」、住友電工男女賃金差別裁判元原告)
○屋嘉比ふみ子さん(ペイ・エクイティ、コンサルティング・オフィスの紹介、京ガス男女賃金差別裁判元原告)
○増渕則子さん(セイコーの子会社解散・不当解雇)
○越堂静子さん(好きやねんドーンセンターの会の運動、WWN代表)
○柚木康子さん(昭和シェル石油男女賃金差別裁判)

 柴山恵美子氏はEUと日本の雇用の違い、労働条件の法制度の遅れ、いかに日本の労働組合が脆弱になったのか、働く者の弱い立場にいつもながらご立腹のお話。柴山氏はもはや78歳にもかかわらず、絶えず理不尽な社会と闘い続けているせいか、とてもお年には見えずお若い。私も定年後は穏やかに過ごすのかと思いきや、益々このろくでもない社会に対し、怒り続けている自分に驚きを隠せない。
  脇田滋氏の話の中で、特に記憶に残ったのは、今のような「企業別正社員労組」ではなく、「産業別労組」を立ち上げなければというお話。同じ仕事であれば、性・雇用形態・所属企業に係わらず、同じ待遇を保障する「同一労働同一賃金」でなければならないと。今、韓国では、日本のようにならないようにと、EU社会に見習い、産業別労組の立ち上げを始めたそうだ。
  日本はILOなどの再三の勧告も頑なに受け入れない厚生労働省のお役人、現場の労働者の声を聴く耳も持たず、一段高みの見物が続く限り、日本において差別はなくならない。個別紛争は裁判で!と呑気な事を言っている。
労働問題において、いつの間にか韓国に遅れをとるようになってしまったか‥。

 午前10時から、5時半までびっしり、実のある盛り沢山の勉強会で、堅い椅子に座って、お尻も痛くなった。参加者はWWN・ACW2・均等待遇アクッション21の会員が大阪、京都、福岡、名古屋から、今男女賃金差別裁判で最高裁に上告した兼松・昭和シェルの原告たち、いつものメンバーが集い、楽しい勉強会だった。

柴山恵美子氏のプロフィール
http://218.216.69.73/nippyo/writer/main.asp?No=589
脇田滋氏のホームページ
http://www.law.ryukoku.ac.jp/~swakita/
by chakochan20 | 2008-08-03 10:07 | 活動報告(65)

値上げラッシュ

ここ何ヶ月の1日は、値上げの日となり慣習化している。
ガソリンをはじめ、公共料金・日々の食料品の値上げには、我々大多数の庶民の家庭生活を圧迫され、給料・年金収入は上がらず、消費ばかりの値上がりは、安心した暮らしは出来ない。
それに加え、福田内閣の新閣僚の発表。福田氏の記者会見の表明を述べているが、これは官僚が書いたらしき文を読んでいることが、ありありと解かる。なぜ大多数の政治家たちは自分の考え、言葉で話をしないのか。
地元民の方ばかり向いており、忙しく、日本国民全体の政治をしようとしないため、勉強している暇がないのだろうか。ああ、情けない!
国会の審議会等の議論も、官僚のシナリオ通りで粛々と進行。まるで茶番劇を見ているよう。
官僚が日本の政治を牛耳っている限り、いつまでたっても天下りを阻止する手立てはない。その官僚たちも一度手に入れた既得権は絶対手放すはずはなく、談合・汚職は日常茶飯事で起こる。
なぜ、日本人は怒らないのか!
どうせ抗議しても、何も変わらないと諦めている。
それは違うと思う。行動することによって少しずつではあるが良い方向に風は吹くのである。
労働問題でも行動を起こした人は、被告会社に対し、何らかの結果を引き出している。朝日熱学、日本オートマチックマシンしかり、コンプライアンスを守らない会社は、痛い目にあうことが実証されている。
by chakochan20 | 2008-08-01 22:00 | ニュース(155)

東京都労働委員会

7月31日東京都労働委員会で、財団法人東京ケーブルビジョンK理事長(今、時の話題である総務省官僚の天下り)の審問が行われました。前回の財団の証人尋問になってから、それまで業務命令できていた全幹部職員が一人も出席せず、ユニオン側は、セクハラ理事長の言い分を聞きたく50名近くの傍聴者であふれていました。
労働弁護士会会長の代理人より厳しい反対尋問に会い、思わず品格のない本音がそこかしこでぽろり。
ユニオンの平川支部長の再雇用拒否の理由として
①ブログの開設で、財団の名誉を毀損し、信用を傷つけた。
②理事長のセクハラ問題で求めた苦情処理機関(財団の息のかかった弁護士3人)への出席を拒んだこと。
この2点の問題は理事長にとって、非常に頭にきたと。そして懲戒処分・解雇に値するものだそうだ。そんなに頭にきたのなら、なぜ何の譴責処分もしてこなかったのか?と問われ、「温情」溢れる自分だからといった時は、傍聴者全員思わず吹き出してしまいましたね!面白い。
定年後の再雇用延長を拒否、解雇同然のやりかたは、「温情ある」行為と相反するのでは?
64歳にならなければ、年金も出ず、それまでの生活権を奪っておきながら、どこが温情家なものですか。「温情ある再雇用拒否」良いですねー、この言葉いただきです。
セクハラ発言についても、「身に覚えのないこと」。以前は都合の悪いことになると「記憶にない」と散々言っていたが、「記憶にない」という言葉はおかしいので「身に覚えがない」という言葉に替えるとの発言。がしかし、何々ちゃん付け問題は何度も言ったのではなく、1度くらいは言ったかも。本当に1度だけですかと厳しく叱責されると、いや2度くらいは言ったかもしれない?と。爆笑ものでしょう。面の皮の厚さは相当なもの。自分がこの世では一番偉いと錯覚している。
どこの被告も、後付で嘘の塗り重ねに終始しなければならないので、迷走・暴走で手がつけられなくなる。
これですべての審問が終わり、今一度公益より和解に向けての調停が入るが、ここまできたら和解はもう無理でしょう。それとも財団は札束を積みますか?
何せ住民からの預かり金(道路特定財源)、今期も7億2千万円、不正流用で取り崩してしまったのだから。
いやいや、この「温情溢れる再雇用拒否」は不当労働行為そのもの。来年の春ごろ「命令」が下るということなのであくまでも命令をもらいましょう。そして、職場復帰。頑張って、年金が頂ける64歳まで働きましょう。

審問前に財団前での抗議行動を行っているが、労働法も理解していない馬鹿な財団職員がすぐ110通報。警察は市民の公僕であり、連絡を受ければ一応駆けつけなければならない。しかし、勉強している警察官は、労働者の権利である抗議行動に対しては、ただ傍観するだけであり、新人おまわりさんの場合、いろいろと頓珍漢な質問をしてくる。それを遠くから見て、揉めていると思い、子供のように面白いとブログのコメントに書き込む。度重なる面白がっての通報は、そのうち通報者自身がお叱りをうけるでしょう。人間は、いろいろな経験をつんで勉強していくのです。それに引き換え財団の連中は何も学ばず、働かず、唯食っちゃ寝ーしているだけ。2011年のデジタル化後の自分たちの財団の行方を心配するほうが先、明日は我が身で、良い問題定義をされているのだから、この際少しは労働法に関して勉強をしてはいかが?

東京都労働委員会
http://www.toroui.metro.tokyo.jp/
by chakochan20 | 2008-08-01 10:14 | 東京ケーブルビジョン(14)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧