<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ご支援の皆様へ

ご支援の皆様へ

平成20年3月26日、株式会社朝日熱学との間の東京地方裁判所平成17年(ワ)第25285号損害賠償請求事件について、和解が成立しました。
皆様の温かいご支援のお陰で、闘う力を沢山いただき、楽しみながら裁判に臨むことが出来、感謝致しております。
これで30年の長きに渡り、ひたすら耐え忍びながら、しかし誇りを持って仕事をしてきたことが無駄ではなかったと思いました。本当に有難うございました。

中野 布佐子
労働組合東京ユニオン、WWN、ACW2会員
連絡先 : e-mail chakochan20@ybb.ne.jp
by chakochan20 | 2008-04-30 09:31 | お知らせ(150)

IGES妊娠雇い止め不当判決!

今日は横浜地裁でWWN会員のIGESの宮崎さんの妊娠雇い止めの判決と東京地裁での市川房枝不当解雇の判決が同時刻に重なりました。
私は前からのずっと宮崎さんの裁判傍聴支援をしてきましたので、横浜地裁へ赴きました。
裁判官が入廷したと思ったら、小さい声でぼそと棄却という言葉しか聞こえませんでした。
一瞬皆何が起こったか理解するまで間があり、裁判官は判決理由も読み上げず数十秒で退廷してしまいました。
要するに、市川房枝判決と同じ「経営者の裁量権の範囲」という、本当に理不尽な不当判決です。国に逆らうとはもっての外、見せしめの判決、潰されてしまうのですね。
こんな経営者のやりたい放題の判例ばかりが横行するようになれば、弱い立場の労働者は裁判を起こしたくても起こせないような状況になってしまいます。
司法の世界は裁判官によって、良くも悪くもなるという、一人の人の判断で(世間一般の常識外の浮世人?)決まってしまう恐ろしさがあります。
働く女は子どもなど持つな、家庭に入り子どもを育てていれば良いと宣告されたにも等しく、少子化対策など絵に描いたもちに過ぎないと思いました。
もうがっくり来てしまい、疲れがどーと出てしまいました。
宮崎さんご本人はもっと気落ちをしていると思いますが、気丈にもしっかりとご挨拶されていました。お若いのにご立派でした。
控訴して高裁で闘ってほしいと思いますが、お二人の小さいお子様の子育て中の宮崎さんに無理強いすることは酷な事なのかも知れませんね。
by chakochan20 | 2008-04-22 15:27 | ニュース(155)

市川房枝解雇事件不当判決!

市川房枝解雇事件も「経営者の裁量権の範囲ない」との不当判決でした。
労働者の不当解雇は労働者救済機関である都労委での斡旋・調査のほうが、良い結果がでるように思います。不当労働行為の審査で争えるのですから‥。
職場復帰を獲得することもあれば、金銭解決では裁判よりもより高い賠償金を得ることも出来ます。裁判は本当に裁判官次第で、良い人に当たればラッキーで、変な人に当たるとそれこそ、弁護士費用もでません。
以下は其の口惜しさに溢れた抗議声明文です。


市川房枝記念会解雇事件不当判決への抗議声明声明文

1.私たちは、2008年4月22日、東京地裁民事第11部(裁判官 村越 啓悦)による市川房枝記念会解雇事件の判決について、これまでの整理解雇の判例法理を顧みず、労働者として、さらに女性としての人権を無視した不当判決として厳重に抗議します。

2.本判決は、原告らが解雇された年の2006年夏の賞与の支払いを一部認めただけで、その余の地位確認などを棄却しています。
被告財団は職員8名中6名の仕事を奪うことを事業方針の転換に当初から織り込んでいながら、その発表まで、一度も職員の意見を聞かず、労働組合との協議をしないまま退職勧奨を発表し、退職を前提とした話し合いに応じないならクビだとして、ほぼ1ヶ月という短期間で解雇を強行したのです。こうした被告の対応について、「経営者の裁量権」として認めた判決は、労働者の雇用の継続・確保について使用者は何ら責任を負わなくてよいと言っているに等しく、これまでの判例法理に全く反したものであり、労働者の生活権、労働権、団結権を無視したものです。

3.本件のような整理解雇については、労働者に特段の責められるべき理由がないのに使用者の都合により一方的になされるものなので、業績悪化などの場合にその必要性を認めるなど、これまでの判例では慎重な判断が求められていました。
しかし、本判決は、財団の財政状況について「負債はなく安定している」,「事業面では規模が小さく収益力は高くはない」とし,「賞与も支払うことができないほど財政が逼迫しているとは考えられない」として賞与の支払いを命じながらも、被告の事業方針の転換(事業の縮小特化)について,被告の経営者は「被告の運営に関する裁量権を有している」から「その判断が常識を逸脱するようなものでない限り,これに容喙(横から差し出ぐちをすること)すべきものではない
」とし,「事業特化を行うとすれば解雇以外に途はない」などとして,解雇を有効としたものであり,労働者の立場を全く無視したものです。
また、本判決は、「たとえ原告らの請求に全面的な理由があっても、事業者に既に廃止した事業を再開することを求めることはできない」から「労働契約上の地位を確認することはできない」としています。このような解雇無効でも労働契約上の地位を確認する判決は出せないという判断は,これまでの判例にもない異常なものです。実際には、記念会は、今年1月29日の口頭弁論終結後に、マスコミ上でも寄付金を募り、これから耐震補強工事と改修工事を行い、創立記念日の11月15日にリニューアルオープンすることを公表しています。その事業計画の中で、担当者をクビにして一旦は閉じた市川房枝政治参画センターを復活させるとしています。

4.原告らは1998年から女性ユニオン東京の組合員として、被告と団体交渉を積み重ね、働きやすい職場を実現させてきました。2006年の3月以降も賃金交渉を4回重ねていました。ところが被告は7月になって突然の事業方針の転換を発表し,そのわずか1ヵ月後に解雇を強行したのです。経済的に逼迫していたわけではなかったのに、被告は敢えて講座を中止し、職員をクビにしました。数多くの受講生の生きがいである講座を中止し、職員の生計の手段を突然絶つことに躊躇しなかった理由は、組合嫌悪、組合つぶしのほかには考えられませんが、本判決は、「(退職勧奨は)退職を前提とするものではあるが、解雇の回避に向けて一応の努力をした」,「退職勧奨を行っているから手続的に不相当とはいえない」としており,解雇回避努力や手続きの相当性についても,労働者の雇用の継続・確保について使用者は何ら責任を負わなくてよいとする誤った判決です。

5.本件は、女性の社会的・政治的地位向上を目指す市川房枝記念会でおきた整理解雇について「整理解雇の4要件」に欠け無効のものであることから地位の確認を求めました。市川房枝記念会の事業の縮小・特化は創設者市川房枝の意思にそむくものであり、数多くの女性たちの募金で建てられた婦選会館が本来の姿で再建されることを目指した訴訟でした。市川房枝記念会の財政状況は人員削減を必要とするものではなく、耐震診断結果についても、婦選会館の一時使用禁止は必要ありませんでした。そのことは、日本婦人有権者同盟が、この2年にわたって変わらず建物を使用していたことからも明らかです。講座は大きく儲かる事業でないとしても、健全に運営されており事業の特化の方針は誤りでした。しかし、原告の主張や原告の提出した証拠書類は厳正に検討されず、判決は「経営者の裁量権」のみ大きく認めました。
このような手法がまかり通る社会になったら、労働者に人権は無いに等しいと言えるのではないでしょうか。

6.なぜ、現存の労働法やこれまでの判例法理でも守られているはずの原告の労働者としての権利を無視した被告の行為が裁かれなかったのでしょうか。それは裁判官が証人尋問の最後に原告に発した次の質問、「結婚はされているのですね。」「ご主人の収入もあるということですか。」に現れています。女性の賃金は、「一家の生活を支える」とされる男性の賃金並には重視されず、その権利を侵害されても、夫の収入で生活できるだろうという扱いです。女性労働者の組合活動にたいする雇用者側の不当な行為についても男性労働者並には扱われないのではないかという疑問を持たざるを得ません。働く女性の人権より、「経営者の裁量権」を優先した本判決は、労働者の人権と並び女性の人権を軽視したものと言えます。

 社会的な貧困、格差社会が問題になっている中で、経営者の裁量権を拡大する本判決に対し厳重に抗議します。  以上
2008年5月1日

市川房枝記念会の不当解雇を撤回し、婦選会館を再生させる会(市川房枝ルネッサンス)
弁護団 志村 新、井上幸夫、大竹寿幸

連絡先:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-7
横山ビル2階 女性ユニオン東京気付
FAX:03-3320-8093
e-mail: wtutokyo@f8.dion.ne.jp
http://www.mndds.com/fusen/
by chakochan20 | 2008-04-22 15:00 | ニュース(155)

小布施

4月20日、長野県須坂温泉「古城荘」にて、桜満開の中、父方の従兄妹会が開かれました。
古城荘の支配人は従姉のご主人で、今回父の妹である叔母を囲み総勢18名が集まり、お世話になりました。現生存の従兄妹は21名で、連れ合いを含めますと39名もおります。
普段忙しい皆が一同に会することは、大変難しいことですが久方ぶりに美味しいお酒を戴き、まったりとした温泉に漬かり、楽しい一時をもちました。
翌日は弟と二人、隣町小布施に行き、貸し自転車で北斎ゆかりの寺や美術館巡り。
お天気も良く、桜・桃・こでまり・菜の花・木蓮など満開の中、爽やかな風を感じサイクリングを堪能。私は週3・4日は長距離サイクリングをしていますが、弟はオートバイ。ママチャリでギアもなく、年上にもかかわらず私のほうが体力があり早い、さすが現役は違うと妙に感心していました。小布施ワイナリーにも行き、ワイン試飲で酔っ払い運転をしてしまいました。
やはり旅は良い!日常の喧騒から離れ、一時の清涼感を味わいました。
健康で生きていることに感謝、感謝です。

b0107959_1014108.jpg



左より、飯綱山、戸隠、黒姫、妙高山を背に千曲川沿いの菜の花畑と桃の花
by chakochan20 | 2008-04-21 09:43 | 活動報告(65)

財団法人東京ケーブビジョンの6億円不正流用、国会審問される。

4月11日、衆議院総務委員会で10:59分より共産党の塩川鉄也氏の審問があった。
東京ケーブルビジョン(TCV)の監督官庁、総務省は「問題の件の調査を含め、TCVを文書指導した」と言う。
「補償金の取り崩し自体については法令及び会計処理上直ちに問題があるとは言えない」と。(「問題ない」と言い切っていないところが、あやしい)
「受信障害がデジタル化によって解消されるかどうか、そういったことを立証する責任が法的に財団にあるかどうかといった点につきましては必ずしも明確ではない」(「財団に法的な責任はない」と言い切っていない)
「東京ケーブルビジョンに対して、デジタル化によって受信障害が解消するか否かについての調査を実施することを含め、文書による指導を行った」
「今後とも、この財団における対応が適切に行われるかどうかについて注視」
「東京ケーブルビジョンにおける指導を踏まえまして、他の財団に対してもあわせ指導してまいる所存」
「デジタル化に際しまして、いわゆるこれまでの都市障害の共聴施設の移管ということに当たって、住民の方々の御理解を得るということも大変重要でございまして、住民の方々、受信者の方に対して、丁寧な説明、正確な説明ということをしていただくというのは大変重要なことでございまして、私ども、関係の方面に対してもそのようにお願いをしてまいりたい」と、以上は役所答弁。

次の2つは塩川発言。「この八つの財団法人についても、旧郵政省OBが在籍をしている。天下りしている、八つのうち五つに在籍をしている」「この財団法人の問題について、それぞれの現況について改めてお話をお聞かせいただいて、また次の機会に質問させていただきたい」
次回は天下りの問題か? ますます面白い展開になってきました。

衆議院インターネット審議中継を下記で見られます。
4月11日をクリックし、総務委員会、塩川鉄也と入ってください。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-12/2008041204_03_0.html

TCVは高齢者雇用安定法にも違反し、一人だけ継続雇用を切り、今東京都労働委員会に不当労働行為で4月28日より下記の予定で証人尋問が行われます。裁判と同じような進行で行われ、誰でも傍聴できます。
場所:都庁南館、34階

第1回 4月28日(月)14:00~16:10
     組合側証人Aに対する主尋問及び反対尋問
第2回 5月21日(水)14:00~16:10
     組合側証人Bに対する主尋問
第3回 6月12日(木)14:00~16:10
     組合側証人Bに対する反対尋問
第4回 7月 9日(水)14:00~15:40
     財団側証人Kに対する主尋問及び反対尋問
第5回 7月31日(木)14:00~16:10
     財団側証人Sに対する主尋問及び反対尋問
by chakochan20 | 2008-04-19 10:34 | 東京ケーブルビジョン(14)

「迷走する両立支援」

「迷走する両立支援」-いま、子どもをもって働くということ-を読んで
萩原久美子著、発行-太郎次郎社エディタス

ACW2の会員でもある萩原久美子氏。
今欧米では、「ファミリーフレンドリー企業」を目指し、企業が育児や介護など、社員の家庭の事情を前提とした労務管理や支援制度を導入することによって、其の社員が働きやすくなるばかりでなく、企業にとっても生産性向上に結びつく。利益を追求するからこそ、企業は社員の両立支援を行い、其れによって社員も両立を謳歌する働き方が出来、其の取り組みを支えるワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)という考え方が実践に移されているという。
それに比べ、日本で働き続けながら子どもを持つ女性たちの現状は?
苦悩しながらも人間らしい生活を模索し、生き続けるとは?
まだまだ、夫々いろいろな問題を抱え、問いかける筆者の思いを、皆様も一読する価値はあるかと思います。
by chakochan20 | 2008-04-18 15:05 | お知らせ(150)

パートとセクハラのホットライン開催

下記の予定でパートホットラインとセクシャルハラスメントのホットラインを開催します。

パートホットラインで声を上げよう
いよいよ改正パート法スタート
しかし、現実は?
職場から、地域から、あなたの声を聞かせて下さい。

0120-787-956(フリーダイヤルなやみなくそうコール)
全国集中ホットライン
全国どこでも無料・秘密厳守
日 時 2008年5月9日(金)18:00から21:00
        5月10日(土)14:00から17:00
        5月11日(日)14:00から17:00
http://acw2.org/news?id=199
--------------------------------------------------------

日本労働弁護団の女性弁護士による、セクハラ被害相談ホットライン
セクシュアル・ハラスメントは、職場環境を悪化させるだけでなく、「被害者(多くは女性)」に対する重大な人権侵害行為であり、決して許されない違法行為です。

電話番号03-3251-5363

★特別1日ホットライン★
平成20年4月19日(土曜日) 午前11時~午後3時

★定例ホットライン(平成20年5月から実施)★
毎月第2水曜日 午後3時~午後5時。
by chakochan20 | 2008-04-12 10:18 | お知らせ(150)

働く女性の支援政策

「拡充に向けた省庁意見交換会」
働く女性の全国センター(ACW2)主催

2008年4月10日午後3時より、衆議院第一議員会館にて働く女性の支援政策「拡充に向けた省庁意見交換会」が開かれました。
出席者は、
厚生労働省 労働基準局 監督課 法規係長 
厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 短時間・在宅労働課 企画法規係長 
厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 短時間・在宅勤務課 均衡待遇推進室係長
厚生労働省 政策統括菅付 労働担当参事官室 室長補佐
厚生労働省大臣官房地方課 労働紛争処理業務室 労働紛争係長
内閣府男女共同参画局 推進課 課長補佐
内閣府男女共同参画局 推進課 推進係長

国会議員
小宮山洋子 衆議院議員
西村ちなみ 衆議院議員
郡 和子  衆議院議員
神本みえ子 参議院議員
高橋千鶴子 衆議院議員
小池 晃  参議院議員
福島瑞穂  参議院議員
議員秘書 木原誠二衆議院議員、岡本みつのり衆議院議員、相原久美子参議院議員

報道関係者 朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、NHK

昨年パート労働法が改正され、労働契約法も制定されました。
現場で働くパートの実態を知ってほしく、合同酒精の大橋さんと名古屋銀行の坂さんに実態の報告後、あらかじめ厚生労働省に提出した質問に対し、各関係省庁の回答をもらいました。
余りに現場で働く人たちの実態を知らない省庁の方々の淡々とした答弁にかなりの温度差を感じました。頭の良いエリート官僚の机上の法制度は「格差拡大法」であり、「格差固定化」に繋がっているとして、働く労働者の生の声を届けることの必要性をひしひしと感じました。

就業規則の不利益変更など、朝飯前の経営者達。
前述の合同酒精の労働者代表選出なども、会社側代表の名前を書いた署名用紙を一人一人に持ってまわり、判を押さざるを得ない強引なやり方は、民主的な手続きではないのではないかという質問に対しても労働基準局は、非常に慎重な回答で、違法かどうかはっきりしない答弁でした。被告会社朝日熱学でも労働者代表選出など行われなく、使用者の言うがまま黙って判を押す人を選出し、労働者にとって不利益に変更した就業規則を労働基準監督署に届ける。
形式だけ整っていれば、其れが通ってしまう恐ろしさ!

名古屋銀行の坂さんは、29年パート社員として、時給900円(入社当時は500円)ボーナス18000円、40数回の更新手続きをし、正社員と変わらない仕事をこなしてきました。今度のパート改正の正社員転換制度の条件を満たしているにもかかわらず、現実には正社員になれないようなハードルの高いもので、わざと正社員にさせないような仕組みになっている。

議員の方々からも、改正パート法で懸念したことが現実のものであり、3年を待たずに改正に向けて努力をしたいとの前向きな発言もありました。
ACW2としては、初の試みでしたが、引き続きこのような意見交換会を開催するということで、次回は5月に、公務パートの問題を企画予定です。
by chakochan20 | 2008-04-11 10:01 | 活動報告(65)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧