<   2007年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

労働委員会議員のロビー活動と厚生労働省の労働契約法審議傍聴

ACW2で労働契約法に関し、労働委員会議員70人に対しロビー活動を当初京ガスの屋嘉比さん一人で開始しましたが、応援を求められ6月11日、まだ労働問題1年生の私もお手伝いをし、衆議院議員会館、参議院議員会館を廻りました。
月曜日だったので議員さんたちは地元に帰っており、秘書さんたちの応対でした。
ただ若くて綺麗どころの秘書と、実力ある有能な秘書と二極化に別れており、面白いと思いました。
比例代表で本人自身も議員に受かると思っていなかった若手の議員の秘書など、世の中の何たるかも解っていないようなぴあぴあ女性でした。
自分が政治の世界の新人ならば、ベテランの秘書を配置し、アドバイスを受けるくらいの熱心さがあっても良いのでは?
その秘書の対応如何によって、議員の技量も少なからず推測されます。
彼らの給料は国民の税金で賄われているのです。

6月13日の国会の審議会でも、野党議員欠席の中で、与党議員さんたちは野次を飛ばす事は勿論、議会中の部屋を出たり入ったり、私語、新聞、携帯メール、パソコン、居眠りなどなど。国民の手本とならなければならに有識者のすることでしょうか、情けなく思います。
そして、何故野党議員も審議に出席しないのでしょうか。ボイコットなどは大人気ない行為であり、幾ら民主主義の多数決で決議されてしまうとはいえ、参加し意思表明を示さなければ、いつまでたっても何も変りません。
審議会事態も事前に文書での質問事項を問うているので、当然回答なども解りきったものしか出てこないので、茶番劇を見ているようなものです。
政治は料亭などの会食で決まってしまうのでしょうか。
それでも、諦めず一人一人が政治に参加しなければ、住みよい日本にはなりません。
本当に庶民のために働いてくれる政治家を選出するためにも、皆さん選挙に行きましょう。
by chakochan20 | 2007-06-13 18:51 | 活動報告(65)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧