<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

昭和シェル石油・野崎光枝さん男女差別裁判

8月29日(火) 東京高等裁判所 824号法廷

昭和シェル石油・野崎光枝さんの本人審問傍聴。
何と彼女は退職後13年も裁判をしております。其の長い間の精神力たるは、推し量るすべもありませんが同じ裁判を始めた私としては頭の下がる思いです。

2003年1月に一審判決で、4536万円の損害賠償を払えと会社側に命令が下されたにもかかわらず、会社は控訴し、今又高裁で闘っております。
本来なら、高裁では本人審問など行なわなく、お互いの書面での遣り取りで裁判所が結審をしてしまう。西田喜昭裁判長は本人審問をして野崎さんの人柄を見極めたいと思ったのか?
野崎さんの声が小さく、一言も聞き漏らさないよう、身を乗り出して聞いておられたのが印象に残りました。左陪審も終始いたわるよう優しいお顔でした。
野崎さん自身もとても落ち着いて、反対審問のくだらない質問にも声を荒げる事もなく、淡々として答えておりました。
其の中で、他の社員との協調性がないといっていたが、要するに他の女性同僚と昼休みの食事を一緒に行かないからだと。野崎さんはむしろ歳の離れている社員の方が嫌がると思うしと答えていた。
誰が聞いてもくだらない質問。
どの裁判の証人・本人審問を傍聴しても、被告会社側の審問は、質問する事がないのか終始一貫してくだらない質問が多い。原告の方がブレがない分、落ち着いている。

又高裁でも、野崎さんの勝利間違い無しと思います。
外資系の会社でない限り、どこでも差別は生きております。
ましてや、均等法以前から働いてきた女性は、今まで悔しい思いをいっぱい味わって来ました。
女性の力で、風の流れを変えようではありませんか。
by chakochan20 | 2006-08-29 16:37 | 活動報告(64)

国立女性教育会館(ヌエック)

8月27日(日) ヌエック(埼玉県嵐山町) 男女共同参加のための女性ジェンダー研究・交流フォーラム

WWN主催ワークショップ「均等法のつくり方、つかい方」のセミナーに参加しました。
隣の埼玉県といっても家からは2時間も掛かります。
正路会長さんはなんと大阪より夜行バスで現地入り。タフですねー。

第一部はビデオやDVDで職場における間接差別や均等法改正に向けてWWNの活動の紹介などをビジュアルに表現。
第二部は参加者とのディスカッション。
全国からの参加者が熱心に自分の思いを伝え、新潟から参加の80過ぎの女性は、均等法がなんだか解らないまま帰るのがイヤだからと、開催時間1時間前より一番前の席に座っていたとのことでした。若かりし頃、進駐軍の通訳をしていたとか。其のころでもアメリカの職場は男女差別がなかったからといってました。進駐軍といっても今の若い人には解らないかも知れませんね。戦後61年も経ってしまっているのだから‥。

昼はコーヒー付定食600円のハンバークライス。暑い時のビールは最高!
こういう楽しみがあるから、皆頑張れるし仲良しになれます。
by chakochan20 | 2006-08-28 14:28 | 活動報告(64)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧