カテゴリ:ニュース(155)( 156 )

お年寄りへの虐待!

毎日新聞2月20日付けで「千葉県浦安市の介護施設「ぶるーくろす癒海館(ゆかいかん)」で、入所者をペット用のオリに閉じ込めたり、両腕に金属の手錠をかけてベッドに拘束するなど虐待をした疑いがあることが分かった。」という。

お年寄りの虐待記事を眼にするたびに、私はかつて(平成4年頃)糖尿病で自分の体を立たせることが出来なくなった父が救急車で罹りつけの東京都立広尾病院に運ばれ、そこでのある一部の看護婦さん(今は看護士というそうです)の父に対する虐待とも受け止められる行為を思い出し、今でも怒りに震えます。病院というところは、自分でトイレに行かれない者、行ってはいけない者は、尿道管をとりつけられたり(大変痛いものだそうです)、オムツをさせられたりしてしまいます。
確かに夜間は当直の看護婦さんが少なく、大変な労働だということは百も承知しております。しかし、お年寄りに対しては冷たいものです。
父も夜は不安になるらしく、寝ないですぐ看護婦さんを呼んだり、無意識のうちに声を出すと言うことで、熱があるにもかかわらず、昼間はベットに寝かせてもらえず、車椅子に縛り付けられたり、ベットから降りられないよう、柵に手首を縛られていたこともあります。
着替えの洗濯物を毎朝、会社に行く前に届けていたある朝、ベットに父がおりません。ナースステーションに行くと、車椅子に縛られ、寒い中、オムツだけの下半身をむき出しにされ、靴下も履いていない足を、車椅子の鉄製の足置き場にのせておりました。
そんな父の姿を見せ付けられた私もびっくりしましたが、まさか、朝一番に私が行くとは思ってもみなかった看護婦さんもびっくりしたような罰の悪そうな顔を今でも鮮明に思い出します。
車椅子等に縛るのは、ずり落ちて座っていられないから、下半身むき出しはお漏らしして、着替えがなかったからと言い訳をしていましたが、予備の毛布でも何でもあるはずですし、世話をかける老人に対して、お仕置きだったのではないかと思いました。
国立や都立病院の一部の看護婦さんたちの質の悪さは噂では聞いておりましたが、ここまでするかと思うことばかり、起こりました。

看護婦さんなった人は、皆、初心は人の役に立ちたいという、優しい心の持ち主です。そして、3交代勤務という過酷な労働に対し、国はもっと高い報酬を得られるようすべきです。余裕があれば、プライドを持って仕事にも励むことも出来るのではないでしょうか。結婚し子育てをしながら、このような勤務体系で、止めざるを得なかった看護婦さんたちの夜勤免除の勤務を考えるとか。看護士不足だと言うが、いくらでも方法はあると思うが‥。

そして、平成7年に糖尿病による、足指の壊疽が見つかり、同病院に入院、2日後に、血液の流れを良くする点滴を受けている最中、脳内出血を起こしたようです。夕6時頃会社の帰りに寄った病室で異常な大いびきをかいている父を見て、おかしいと思い、声をかけても反応はないし、瞳を開いたら、瞳孔が開いているし、あわてて看護婦さんを呼びました。もう手遅れでした。何故、危険な点滴中に誰もついていなかったのか。いろいろと治療方法等にも疑問もありますが、その当時は今と違って、たとえ医療ミスであっても、医師や病院を告発し、カルテ開示を求めることは大変難しいことでした。
今でも父は病院に殺されたと思っております。
平成元年に、しっかり者の母を突然くも膜下出血という病魔で奪われ、寂しい思いをしていた父は、私にとって掛替えのない、大事な人でした。
3月には父の13回忌の法要ですが、今でも父を思うと一人ウルウルしてしまう日々です
by chakochan20 | 2007-02-20 16:00 | ニュース(155)

「女は産む機械」発言に怒りを!

1月31日4時30分 参議院議員会館で院内集会が行われました。
柳沢厚生労働大臣の公の場で絶対言ってはいけない馬鹿な発言に怒った女性達がわんさと押しかけ、各野党女性議員が中心になって、民主党の菅直人、鳩山邦夫、小宮山洋子、円より子、神本美恵子、社民党の福島みずほ、共産党の吉川春子他約20名の議員参加で柳沢辞任の抗議行動を起こし、マスメディアに訴えました。
少子化対策が議論されている今、何も国はして来なかったことを棚に上げ、女性にだけ責任を押しつけるような発言は絶対に許せるものではありません。
頭の固い時代にそぐわない閣僚は、後進に道を譲るべきです。
一応日本は先進国? このニュースは世界各国に流され、やはり後進国アジアの一員だと思われ、恥ずかしい事です。
女性の力で、女性の声を政府に届けようでは有りませんか。

■「女は産む機械」に怒りを! 抗議メール先■
厚生労働省
https://www-secure.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html
首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

自民党
http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html

by chakochan20 | 2007-01-31 22:53 | ニュース(155)

「日本オ-トマチックマシン男女賃金差別裁判」

1月23日横浜地方裁判所で勝利判決がくだりました。
会社は、原告の宮下征子さんに男女賃金差別の不法行為が有ったという事で、
19200万円を年5分の利息を付けて支払えとの判決文でした。
慰謝料・年金差額(計算方法が煩雑で算定不能のとの事)は却下されましたが、男性であれば当然支給されて然るべき家族手当は、差別ありとのことで282万円は認められました。
横浜地方裁判所での男女賃金差別裁判の勝利は始めてのこととあって、神奈川テレビを始め、各新聞社の記者会見などがあり、面白い経験をさせてもらいました。
朝日熱学男女賃金差別裁判原告の私にとっても、先駆けの良い、力強い判決です。
宮下さんのお友達として、励まし、励まされ、応援しあってここまで来た事は大変喜ばしい事です。
しかし、何と有ろうことか、日本オ-トマチックマシンは控訴してきました。
何を考えて、馬鹿なことを!
今までの他の裁判でも、被告側は必ず控訴してきていますので、当然高等裁判所まで上がるとは思っていました。長引けば長引くほど、会社のイメージダウンになりますし、年5分の利息が付くので、賠償損害金も増え、損失も多くなるのです。
昭和シェル石油・野崎さんの判決も間近ですし、3月1日には兼松の結審も東京高等裁判所大法廷で行われます。今年は女性の地位向上を獲得する記念すべきイベントが目白押しです。
裁判傍聴は面白いものです。証人・本人尋問の際は、皆様も是非一度足をお運びください。
by chakochan20 | 2007-01-30 18:13 | ニュース(155)

ビッグニュース!

被告会社、㈱朝日熱学がティーネットジャパンに買収される

1月11日付で「FC2ブログ」と「日経ネット・地域経済ニュース」に記載されました。
㈱ティーネットジャパンは、高松市に本社(高橋信行社長)がある技術者派遣の会社で10日付で全株式を買収。株式取得金額は未公表とのこと。
まあ、ここ数年業績悪化(でもトップは相変わらず、昼間から飲んだくれているらしい?‥)で何時倒産してもおかしくない状態だったので、従業員や控訴中の私にとってはラッキーと言ったところでしょうか。
ご興味のある方は下記サイトへアクセスしてみてください。

http://www.tn-japan.co.jp/
by chakochan20 | 2007-01-15 11:09 | ニュース(155)

指名競争入札に関して

昨今、マスメディアを賑わしている知事、市長による談合事件が明るみに出ているが、その指名競争に関わる申請手続きの一切を仕事の一部として退職するまで20年間行ってきた。
この申請書を提出しておかなければ、談合であろうとなかろうと土俵の上さえ立てないのであるから、重要な仕事である。
しかし、朝日熱学の社長は仕事の内容も全く解らず、常に「オンナ子供の仕事」と言い、低い評価しかせず、差別的な発言に終始していた。
しかし、私がこの仕事に関わったのは、総務部長が病気入院の為引き継いだのであって、部長の仕事を一平社員に任せると言うことは、それなりの能力を買っての事と思うが‥。

朝熱での指名願い申請は、当初は180件の各省庁、全国の都道府県町村、農協組合等に申請。
無駄が多く、段々整理し、ここ5・6年は約120件近くに押さえての申請である。退職する2・3年前までは、パソコン上での申請書ダウンロードや電子申請なども出来なかったので、一々電話で問い合わせをし、申請書等は殆どの市町村が各県の建設業協会や印刷業者と結びついていたので、そこで独自の用紙を購入しなければならなかった。
送付してくれるところは、未だましなのだが、送付不可というところもあり、わざわざ交通費をかけて購入しに行くのである。当然申請も持参しか受け付けないところが多かった。
有効期間が1年で、毎年申請させるところもある。お上の遣る事は、人を遊ばしておく事が出来ないのか無駄な事が多く、わざと仕事を増やしているのではないかとさえ思う。
民間は少数精鋭制で利益をあげているのに‥。

形式的な申請をさせても、指名を受けた業者間での談合は日常茶飯事の事であり、必要悪と言われてきた。
ここへ来て、一挙に検挙が始まったが、この業界に長く関わってきた人間としては、何を今更?と思う。
談合が出来ないよう電子入札の動きがあるが、業者間同士ツーツーで、指名が入ったかどうか連絡しあっているので、効果は期待できないと思う。

原 告 : 中野 布佐子(東京ユニオン)
by chakochan20 | 2006-12-11 09:15 | ニュース(155)

談合事件

福島県発注の下水道整備工事をめぐる談合事件について

公共事業の発注には必ず付き物の談合事件が、またまた発覚。
談合事件に現職の福島県知事も関わっているであろうとの疑いがあるため、大きな問題となっているようだが、被告会社を始め、公共発注の工事などは殆どの物件が談合をして受注しているのが現状である。
各都道府県・市町村などは一般競争参加申請(指名願)なる制度をもうけ、入札させているが、形式上であって、裏では業者間で公然と談合が行なわれている。
公になり、新聞紙上に取り上げられるのは、氷山の一角であり、たまたまばれてしまったのは内部告発としか考えられない。
どうしてこういう悪行が横行するのか。日本の企業、アジア人気質特有のものなのだろうか。
それともまだまだ社会が成熟していないのだろうか。
by chakochan20 | 2006-09-30 22:09 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧