カテゴリ:プロフィール( 1 )

中野布佐子のプロフィール

1945年、終戦の年に疎開先の栃木県で太田直衛・ミノ子の次女として生を受ける。
文京区千駄木・谷中という情緒豊かな下町で、父は多くの苦学生を居候させ、生活の援助、母は其の学生さん達に美味しい食事を賄い、自由進歩的な精神の中でもまれ育ち、1967年共立女子大学文芸学部卒業。家業手伝いの後、1974年春、中野謙司と結婚。
其の年の11月(株)朝日熱学(旧ラオックスエンジニアリング)に入社、経理部・営業部に所属、さまざまな男女差別を受け、我慢の限界と思いながらも30年4ヶ月勤め上げ、2005年3月定年退職。
その間両親を看取り、今は夫と二人暮し。
趣味は旅行・読書・音楽鑑賞・ヨガなど。更に自分の男女賃金差別裁判を通し、裁判傍聴ウォッチング、サイクリングなども加わりました。裁判傍聴は大変興味深いものがあります。
いろいろな問題をかかえた原告・被告・代理人・裁判官と、人それぞれが織り成す人間模様。毎回楽しみです。
差別され続けている働く女性たちのため微力ながらも、様々な運動・支援活動を続けています。
しかし、結局は法律を変えなければ何も変わらないという思いから、昨今はその運動にも参加しています。
そのかたわら、スポーツジムにてマシーンでの筋力トレーニング他、ヨガ・フラダンス・骨盤矯正などで健康な体力つくりにも励んでいます。
資格は普通自動車運転免許(ペーパードライバーです)、インテリアコーディネーター、マンションリフォームマネジャー、キッチンスペシャリスト、照明コンサルタント。
b0107959_9172714.jpg

by chakochan20 | 2006-07-03 08:15 | プロフィール

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧