カテゴリ:朝日熱学とは(6)( 1 )

情報は独り歩きする

 私のブログ「チャコチャン」(朝日熱学男女賃金差別裁判)は、未だに「朝日熱学」で検索するとヤフーでは、相変わらず熱学の次に金魚の糞のごとくくっついて出てきます。10件の内6件は私の記事、グーグルでも二番目、10件のうち4件は私関連の記事です。あれほど朝日熱学はブログに関し固執したにも拘らず、未だに私のブログを覗いてくださる方がいるので、相変わらず離れない。あの異常な和解協議はなんだったのかと思っているでしょうね。痛快である。
  和解金額は裁判所が算出した損害賠償金より遥かに多い、こちらの要求に対し文句も言わず払うと、その代わりにブログを嫌がり、裁判があった存在そのものを消せと7回もの和解協議で強硬に主張してきた。裁判所よりも被告会社の代理人は、とにかく話が出来ない、人格障害ではと言わしめるほど。その代理人は共産党系の弁護士。
今までは労働者の擁護の弁護士として仕事をしてきたが、経営者側の弁護をした方がはるかに儲かると判断したのかどうかは定かではないが、最近は経営者側の仕事をしていることが多いようだ。彼のパートナーは共産党本部の女性部長、選挙にも幾度と無く挑戦、敗れている。似非共産党員か?国民はそう馬鹿ばかりではない。
 朝日熱学も損害賠償金を払うと言うことは差別を認めたことと同じ、幾ら私のブログのうえで削除したとしても、いろいろな仲間のブログにリンクしているし、「情報は独り歩きするもの」だから、私の存在そのものを消し去らなければ、何時までも朝日熱学のホームページにくっついて離れないことでしょう。男女賃金差別は一個人の問題ではなく、社会的な問題でもある。
あこぎな経営者は痛い目に会うことを学んでほしいが、朝日熱学は少しも反省はしていない。今在職している女性社員たちは少なくとも恩恵にあずかっているとは思うが‥。
 少しずつでも働きやすい職場環境にしていくことが目的なのだから、私は後に続く女性たちの礎になれば本望である。まず一歩を踏み出し、続く若い女性たちが男性に頼ることなく、自覚を持って自立する人生を歩んでほしいと思う。自立をしていなければ男性と対等な関係を築くことが出来ない。貧しくともいつかは報われるときが来るはず、働く女性たちよ頑張れ!
by chakochan20 | 2008-10-04 10:00 | 朝日熱学とは(6)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧