「男女平等」日本98位に後退

世界130ヵ国調査、昇進・議員数で減点

【ロンドン=土佐茂生】「世界経済フォーラム」(本部・ジュネーブ)はこのほど、世界130カ国の男女格差に関する調査報告書を発表した。平等さの国別順位では北欧諸国が上位を占め、日本は前年の91位から98位へと後退した。女性国会議員の少なさや昇進の男女格差などが減点対象となった。
 順位は、政治、経済、教育、健康の4分野で男女格差を指数化し、国ごとに比べた。日本は、平均寿命で1位となるなど、健康分野(38位)で健闘したが、首相や国会議員、閣僚の数などの政治分野で107位、賃金格差や幹部への昇進など経済分野で102位と低迷した。
 ノルウェー、フィンランド、スウェーデンの北欧3カ国が3年連続で上位を独占。中国は、前年73位から57位に順位を上げた。

男女平等度ランキング
  1. ノルウェー
  2. フィランド
  3. スウェーデン
  4. アイスランド
  5. ニュージーランド
  6. フィリピン
  7. デンマーク
  8. アイルランド
  9. オランダ
 10. ラトビア
------------------------------- 
 13. 英国
 15. フランス
 27. 米国
 42. ロシア
 57. 中国
 98. 日本
108. 韓国
130. イエメン

上位は北欧3国でしめ、アジアではフィリピンが6位に付けている。かつての経済大国日本は、中国より後進国に押し込められてしまった。
韓国も今や労働問題などでは、日本の失敗策を見習い、お手本とせず、はるかなスピードでもって迫りつつあるので、遠からず追い抜くことは間違いない。幾ら日本がアジアの先進国だと自任していても、裸の王様であることに変わりはない。
本当にこのランキングを見て、改めてがっくりし、日本の政治はどこへ向かって進もうとしているのか?行く末が心配である。
by chakochan20 | 2008-11-22 17:53 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧