ATMによる振込み詐欺

 毎日のように新聞・テレビ等のマスメディアで振込み詐欺の記事が報道されているにもかかわらず、何故ころりと騙されてしまうのか。いくら騙すほうが次から次へと新手の巧妙な手段を講じてくるからと言え、何故高齢者は確認もせずにATMの機械の前に立ってしまうのか、不可解である。
 ATMというと必ず思い出す面白い話がある。私の長年勤務していた朝日熱学の元M社長は、ATMを扱えない。すなわち引き出し・預金・振込み・両替など一度もしたことがないので、どう使うかわからないと自慢げに私に話した。高尚な人間は俗世の一般人とは違うのだとばかり自慢する。すべて奥さんにまかせているからと。アホカ!今時ATMでの操作を覚えようとしない人がいるとは!宇宙人なのか。
某県の過疎の山猿のくせに、プライドだけは高い。すなわち、本人は仮払いで会社のお金しか使わないと公言しているようなもの。謙虚さのない人間は、それが極小の会社であっても、一国一城のトップに立つと何処かでおおいなる勘違いをしてしまう。
本当にこの元社長には、人間的におかしなことが数々ある。そのひとつ、ファックス・パソコンは勿論のこと、計算機も扱えない。文明の利器は固定電話以外何も使いこなせない。計算は計算尺を使うのである。私に見積書をパソコンで作成させても、パソコンのエクセル計算は信用できないといい、ソロバンで検算させられたときは唖然としたものである。今思うと化石のような、本当に楽しい会社であった。
by chakochan20 | 2008-10-02 21:30 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧