福田首相辞任表明

突然の福田首相の政権放棄の辞任。安部氏の辞任に続いて、又もかよと思って余り驚きもしなかったが、12日に予定していた臨時国会を召集しながら余りにも無責任。
中国新聞の記者が「総理の会見が国民にはひとごとのように聞こえる。辞任会見もそのような印象を持った」と言う質問に対し、福田氏は「ひとごとのようにと貴方はおっしゃたけどね、私は自分自身のことは客観的に見ることができるんです。貴方とは違うんです」と、最後は皮肉屋さんらしく捨て台詞を残し、去っていった。
町村官房長官(旧森派)を解任させるための辞任ではないかとの噂も流れている。同党でありながら余りに派閥政治が横行。同党の中で、派閥争いなどしている場合ではなく、時には一致団結しなければならないこともあるのでは?
党とか派閥などではなく、人物本位で政治家を選出できるような制度が望ましい。
もう前期・後期高齢者の政治家はいらない。頭の固い高齢者は新しい改革が出来る後進に道を譲るべきである。一線を退き、ご意見番程度のそこそこの活躍をなされば良い。そして、残りの人生は今まで一生懸命働いてきたご褒美として、のんびりと好きなことをして過ごすのが一番と思う。
それは、民間企業の経営者にも同じことがいえるが‥。
自民党にとっては又ひとつマイナス面がプラスされ、次期首相に麻生氏が立候補しているとか。政治の世界も年功序列、品格のない首相が誕生するのであろうか?
まるで茶番劇を見ているようだ。かといって、仮に民主党政権小沢氏に代わったとしても、大人の政治が展開できるとは思えない。
又、マスメディアも大げさに支持率が上がった下がったと報道する。そう簡単に改革が進むわけがなく、半年や1年で結果がでるわけがない。少し長いスパンで見守ることが出来ないのであろうか。
最近の日本の政治はトップの首相がころころと変わり、国際社会に参加している国として諸外国の信頼を得ることが出来ない。経済では先進国の仲間入りをし、いくらODA(国際協力政府開発援助)に多額な資金援助しても、大人の政治を進めていかない限り、日本は後進国として馬鹿にされているのである。
毎日腹の立つことばかり起こり、嘆かわしい。
by chakochan20 | 2008-09-02 17:06 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧