派遣で働く女性の集中ホットラインのお知らせ

日時:9月6日(土)・7日(日)の2日間
午後14時から20時
電話番号:全国共通フリーダイヤル 0120-787-956
実施団体:働く女性の全国センター(ACW2)

働く女性の全国センター(ACW2)は、昨年より財団法人具進会の助成金を得て全国一斉のホットライン活動を続けています。このたび、派遣で働く女性の集中ホットラインを行うことになりました。

6月8日の秋葉原事件の加害者が派遣労働者であったこと等がきっかけとなって、6月13日に、舛添厚労大臣は、専門型業務以外は、常用雇用が当然であるとして、来る臨時国会において、日雇派遣の原則禁止を含む派遣法の改正案を上程することを言明しました。
しかし、現在、厚生労働省で検討されている派遣法の改正は現実の派遣労働者の生きた声を残念ながら反映しているとは言い難い状況です。
労働者派遣法は、1985年男女雇用均等法が成立した年に同時に成立しました。
当時、専門的職種に限定することで正規労働者の代替えにしないと約束されていたものが、1999年には派遣業種が原則自由化され、さらに2003年には、製造業に解禁されるようになって男性も多く派遣労働に就くようになり派遣労働が、社会問題にされるようになりました。派遣労働は、当初から正規職の代替えとして女性労働者を切り捨ての労働力として使う手段にされてきました。派遣労働の大多数が女性労働者であることに変わりはありません。女性の派遣労働の現状に、もう一度焦点を当てるべく、私たちは、あえて、派遣で働く女性の集中ホットラインを計画しました。
専門型業務と言われている業務も、現在では、事務職の代替えに使われている現状です。私たちは、国会審議に、現実の声をもっと反映させたいと思いで集中ホットラインを計画しました。

働く女性の全国センター(ACW2)事務局  伊藤みどり
連絡先 151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-7横山ビル
専用電話 03-5304-7383 fax03-5304-7379
メール  acw2ml@yahoo.co.jp   
URL    http://acw2.org/
by chakochan20 | 2008-09-03 08:41 | お知らせ(150)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧