アステラス製薬(旧藤沢薬品工業株式会社)男女賃金差別裁判

またまた、働く女性にとってグッドニュースが入りました。
アステラス製薬(旧藤沢薬品工業株式会社)男女賃金差別裁判の仙頭史子さんの裁判が、
5年前に提訴した同じ日である3月27日に大阪地裁で和解が成立しました。
和解条項は

1.被告において、原告の処遇と同期同学歴の男性との格差が存したことを認める
2.解決金2500万円を払う
3.被告は、従業員の処遇について、今後とも男女の性別を理由とする差別が生じない
 ようにし、原告を含む従業員の今後の処遇について、誠実に対応する。

判決をもらうべきだとの意見もあったそうですが、結審前に、これは判決以上の水準なので、ちょっと名残惜しい気もするが、和解したそうです。
関西圏では住友系の男女賃金差別事件の後、今年に入り京ガス・アステラ製薬と和解勝利を勝ち取り、WWNの草の根的な支援があったればこその勝利です。
今現在提訴中の原告たちにとって、何よりの嬉しいニュースです。

しかし、均等法以前に入社した女性たちは、裁判も出来ず悔しい思いをし、ほんの一握りの人が勇気を持って闘いを挑み、後に続く女性たちのためにも頑張っております。
裁判とは、体力的にも精神的にも経済的にも大いなるエネルギーの消耗です。
被告会社の本当に人を貶める、くだらない事にも一々反論していかなければなりません。
でも、原告たちは長い間の差別の悔しさだけで闘いに挑戦しております。
皆さんの応援が力になります。是非ご支援お願いします。

仙頭史子さんのホームページ
http://www003.upp.so-net.ne.jp/sentou/

京ガス、屋嘉比さん関連のホームページ
http://homepage3.nifty.com/hatarakujosei/kikansi/7kyougasu.html
by chakochan20 | 2007-03-28 12:14 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧