お年寄りへの虐待!

毎日新聞2月20日付けで「千葉県浦安市の介護施設「ぶるーくろす癒海館(ゆかいかん)」で、入所者をペット用のオリに閉じ込めたり、両腕に金属の手錠をかけてベッドに拘束するなど虐待をした疑いがあることが分かった。」という。

お年寄りの虐待記事を眼にするたびに、私はかつて(平成4年頃)糖尿病で自分の体を立たせることが出来なくなった父が救急車で罹りつけの東京都立広尾病院に運ばれ、そこでのある一部の看護婦さん(今は看護士というそうです)の父に対する虐待とも受け止められる行為を思い出し、今でも怒りに震えます。病院というところは、自分でトイレに行かれない者、行ってはいけない者は、尿道管をとりつけられたり(大変痛いものだそうです)、オムツをさせられたりしてしまいます。
確かに夜間は当直の看護婦さんが少なく、大変な労働だということは百も承知しております。しかし、お年寄りに対しては冷たいものです。
父も夜は不安になるらしく、寝ないですぐ看護婦さんを呼んだり、無意識のうちに声を出すと言うことで、熱があるにもかかわらず、昼間はベットに寝かせてもらえず、車椅子に縛り付けられたり、ベットから降りられないよう、柵に手首を縛られていたこともあります。
着替えの洗濯物を毎朝、会社に行く前に届けていたある朝、ベットに父がおりません。ナースステーションに行くと、車椅子に縛られ、寒い中、オムツだけの下半身をむき出しにされ、靴下も履いていない足を、車椅子の鉄製の足置き場にのせておりました。
そんな父の姿を見せ付けられた私もびっくりしましたが、まさか、朝一番に私が行くとは思ってもみなかった看護婦さんもびっくりしたような罰の悪そうな顔を今でも鮮明に思い出します。
車椅子等に縛るのは、ずり落ちて座っていられないから、下半身むき出しはお漏らしして、着替えがなかったからと言い訳をしていましたが、予備の毛布でも何でもあるはずですし、世話をかける老人に対して、お仕置きだったのではないかと思いました。
国立や都立病院の一部の看護婦さんたちの質の悪さは噂では聞いておりましたが、ここまでするかと思うことばかり、起こりました。

看護婦さんなった人は、皆、初心は人の役に立ちたいという、優しい心の持ち主です。そして、3交代勤務という過酷な労働に対し、国はもっと高い報酬を得られるようすべきです。余裕があれば、プライドを持って仕事にも励むことも出来るのではないでしょうか。結婚し子育てをしながら、このような勤務体系で、止めざるを得なかった看護婦さんたちの夜勤免除の勤務を考えるとか。看護士不足だと言うが、いくらでも方法はあると思うが‥。

そして、平成7年に糖尿病による、足指の壊疽が見つかり、同病院に入院、2日後に、血液の流れを良くする点滴を受けている最中、脳内出血を起こしたようです。夕6時頃会社の帰りに寄った病室で異常な大いびきをかいている父を見て、おかしいと思い、声をかけても反応はないし、瞳を開いたら、瞳孔が開いているし、あわてて看護婦さんを呼びました。もう手遅れでした。何故、危険な点滴中に誰もついていなかったのか。いろいろと治療方法等にも疑問もありますが、その当時は今と違って、たとえ医療ミスであっても、医師や病院を告発し、カルテ開示を求めることは大変難しいことでした。
今でも父は病院に殺されたと思っております。
平成元年に、しっかり者の母を突然くも膜下出血という病魔で奪われ、寂しい思いをしていた父は、私にとって掛替えのない、大事な人でした。
3月には父の13回忌の法要ですが、今でも父を思うと一人ウルウルしてしまう日々です
by chakochan20 | 2007-02-20 16:00 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧