「女性の政治参画を考える院内集会」

台湾はなぜアジアで2番目に女性議員が多いのか?
〜議席割当と候補者クオータ〜

台湾の女性議員比率は33.6%、アジアで2位、世界で30位の高さです。来年の総統選では初の女性総統が誕生する可能性もあります。なぜ台湾ではこれほど女性の政治参画が進んでいるのでしょうか? それは議席割当と候補者クオータを実施しているからです。そこで、クオータ制研究の第一人者である黄長鈴さんをお招きして、台湾の実情をお話しして頂きます。
黄長鈴さんはクオータ研究だけでなく、台湾の女性運動を引っ張っているリーダーのお一人でもあります。エネルギッシュなお話しを伺って、日本のクオータ運動を盛り上げていきたいと思います。
日本と同じ小選挙区比例代表並立制(国政)と中選挙区制(地方)を採用している台湾の経験は、日本へも大きな示唆となるでしょう。

日時:2015年7月30日(木)15時〜17時
会場:参議院議員会館 特別会議室(東京都千代田区永田町2-1-1)
基調講演:黄長鈴(国立台湾大学政治学部副教授,人口ジェンダー研究センター女性研究主任)
討論:申琪榮(お茶の水女子大学ジェンダー研究所准教授)
「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟」からのご発言
司会:三浦まり(上智大学法学部教授)
言語:英語(同時通訳付き)
参加費:無料
14時半より参議院会館内ロビーで入館証をお渡しいたします。事前申込み不要です。

主催:お茶の水女子大学ジェンダー研究所,政治代表におけるジェンダーと多様性研究会(GDRep)
科学研究費助成事業基盤研究(C)「女性の政治参画:制度的・社会的要因のサーベイ分析」(研究代表:三浦まり, 課題番号:15K03287)
後援:政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟
by chakochan20 | 2015-07-19 08:52 | お知らせ(150)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧