☆緊急院内勉強会☆

「女性の活躍推進にむけた新たな法的枠組みの構築」って何?

日 時:9月10日(水)13時~15時

会 場:衆議院第一議員会館 第一会議室

内 容:雇用均等分科会の報告 新たな法的枠組みの全容は?

呼びかけ人(8 月 26 日時点):赤石千衣子、浅倉むつ子、大沢真理、大脇雅子、戒能民江、鴨桃代、 近藤恵子、酒井和子、竹信三恵子、角田由紀子、中野麻美、中村ひろ子、 永井よし子、林陽子、目黒依子、皆川満寿美


 8 月 7 日から厚生労働省の労働政策審議会雇用均等分科会で「女性の活躍推進にむけた 新たな法的枠組みの構築」に向けた審議が始まりました。

 先の通常国会で自民・公明党から女性の活躍推進の法案が出されていますが、これとは別に新たな法案を審議しています。6月に決定された日本再興戦略の「女性の活躍推進」を具体化する立法です。再興戦略の内容からすると、対象範囲は厚労省管轄に限られるものではありませんが、企業の役員や重要なポストに就く女性の割合をオリンピックが開催される 2020年までに 3割にする、働き方を多様化し、労働時間制度や税制を見直すといったことがメインにな りそうで、方向性によっては、男女間格差や女性の貧困をますます深めることになりかねません。

 すでに官房長官は8月2日この秋の臨時国会で審議すると言っています。9 月には 3 回の雇用均等分科会が予定され、月末には建議を出し 10 月には国会上程の勢いです。

 いまや女性の 6 割が低賃金で不安定な細切れ雇用でしか働 くことができていません。違法なただ働き労働を含む長時間労働や男女間の所得格差は、国際社会のなかでも突出しています。
アベノミクスにより景気の回復が言われていても子どもの貧困や生活困難は拡大していま す。私たちは、そうした状況を克服し、すべての女性が政治・経済・社会のあらゆる分野で力を発揮し、公正に報われるための制度と法律を求めます。

 緊急院内勉強会では、再興戦略の何が問題か、日本に必要な改革は何か、私たちはこれ からどうするかについて議論します。
多くの皆さんのご参加を呼びかけます。


連絡先:均等待遇アクション21事務局
(kintou21@siren.ocn.ne.jp)
by chakochan20 | 2014-09-02 21:58 | お知らせ(149)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧