若い女性たちよ、目を覚ませ!

 今時の若い女性は結婚したら専業主婦になりたいという人が3人に1人だという。
自分の仕事に面白みを見出すことが出来ないのであろうか。
今の時代、我々世代の女性たちより男女差別も少なくなり、働きやすい環境が整っている。
 男性に頼ることなく、1人の人間として経済的にも精神的にも自立していなければ、夫に浮気されても我慢を強いられるし、いつ何時夫に先立たれるかもしれないし、病気や事故によって障害者になり働けなるかもしれない。一寸先は誰にも予想できない。皆断崖絶壁に立っており、落ちるか落ちないかの差だけである。
 専業主婦が楽だと思っているなら大間違いである。
主婦の仕事は際限もなく、その評価は無報酬であり、単調極まりない。
 人として生きている以上、家族だけの為でなく、他の人の役に立ちたいと思う心をもってほしい。
 我々世代は差別だらけで、我慢・我慢の職場で働き続け、後に続く女性のために少しでも働きやすい環境・人権獲得にと手弁当で運動をしている婆たちがいることを忘れないで!

9月30日朝日新聞掲載

専業主婦に…「なりたい」独身女性3人に1人 厚労省調査

 「結婚したら専業主婦になりたい」。独身女性の3人に1人がそんな希望を抱いていることが、厚生労働省の調査でわかった。一方、結婚相手に専業主婦になって欲しいと思っている独身男性は5人に1人にとどまった。
 厚労省は厚生労働白書の作成にあたり、民間のシンクタンクに委託し、15~39歳の男女の意識調査を今年3月にインターネットで実施。3千人余りから回答があった。
 独身の女性に「専業主婦になりたいと思うか」を尋ねたところ、「どちらかといえばそう思う」を含めて34・2%が「そう思う」と答えた。独身男性には結婚相手に専業主婦になって欲しいと思うかを聞いたところ、「そう思う」は19・3%だった。
 専業主婦がいいと思った独身男女に理由を聞くと、「女性には家事や子育てなど、仕事をするよりもやるべきことがある」が最多の61・4%。「夫がしっかり働けるようにサポートするのが妻の役目」が29・3%で続いた。(有近隆史)
by chakochan20 | 2013-09-30 21:58 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧