結婚退職制、男女別定年制

 今から50年前、女性は結婚したら退職すると言う念書を書かされ、退職を拒むと解雇。そんな中、現住友セメントの1人の女性が東京地裁に提訴し、1966年(昭和41年)12月地裁は、「結婚退職制は性別による差別を無し、結婚の自由を制約するもので、公序良俗に反する」という違憲判決を下し、解雇無効を命じた。
1985年の男女雇用機会均等法以前だった為、労基法4条で賃金の性差別を禁じる項目しかなかった。従って民法90条の「公序良俗」に反するか否かを争点にするしかなかったのである。
 ついで1969年には東急機関工業の差別定年制裁判も勝訴。
なのに私が定年退職した朝日熱学は、何と1991年になるまで男性は55歳、女性は50歳という差別定年制が存在していた。今でも在職中のワンマン雇われ社長の会社を私物化した行為を思うとザワザワとした怒りがこみ上げてくる。悪いやつほど良い思いをし、長生きする世とは余りにも情けない。
 昔は夫は外で働き、妻は家庭を守るべきとの風潮があり、今又安部政権は「女性を活用するため、抱っこし放題の3年育休を」という。上面の言葉だけで、何の対策案も示さない。3年も働く現場から遠ざかって本当に職場復帰が出来ると思うのか?裏を返せば、そのままずーと家庭に納まりなさいよと言うことではないか。
 働き続けてきた女性は、今更「女性活用を」と言われても、昔も今も安い賃金で「活用されてきたのだ」と言いたい。

下記は朝日新聞掲載の「昭和史の再訪」より
https://docs.google.com/file/d/0B085Gg9ZtDchNVVpamdzQ2xiOVE/edit?usp=sharing
https://docs.google.com/file/d/0B085Gg9ZtDchQVc0UVNFdzZUdEk/edit?usp=sharing
by chakochan20 | 2013-08-18 16:33 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧