「STOP!生活保護基準引き下げ」アクションの院内集会のご案内

【日時】 4月25日(木)16:00~18:00
【場所】 衆議院第1議員会館 多目的ホール
当日、15:45から上記1階ロビーで通行証を配布します。定員は300名です。

【プログラム】
 ■ 基調講演 「“アベノミクス”で弱者はどうなる?」荻原博子さん(経済ジャーナリスト)
 ■ 基調報告 「『生活扶助相当CPI』を検証する」 みわよしこさん(フリーライター)
 ■ ミニ報告 「モデル世帯に見る生活保護基準引き下げの影響」小久保哲郎さん(弁護士)
 ■ 影響をうける当事者の方々の声
【司会進行】 雨宮処凛さん(作家)
  稲葉剛さん(NPO法人自立生活サポートセンター・もやい)
【主催】「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション


現在、生活保護基準を大幅引下げする内容の平成25年度予算案が国会で審議されています。
 実は、厚生労働省には、「社会保障生計調査」という生活保護世帯の消費データがあるのに、一般世帯の消費データを元にした「生活扶助相当CPI」なる数値を使い、物価下落幅の大きい電化製品の支出割合が増幅された結果、大幅引下げが導かれたことが判明しました。
 予算委員会で、田村厚生労働大臣は、「社会保障生計調査」のデータの開示を拒否しています。
 間違ったデータをもとにした不正な計算で、生存権保障の基準が下げられそうです。

 非正規労働者の賃金より生活保護賃金の方が高いというだけで、生活保護賃金の引き下げを行う前に、非正規労働者の時間給賃金を上げるよう努力すべきだし、不正な生活保護を受けている暴力団関係者の洗い出しを急ぐ方が先と思います。
by chakochan20 | 2013-04-22 16:44 | お知らせ(150)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧