男女格差 日本は101位に後退-世界経済フォーラム

世界経済フォーラムの「The Global Gender Gap Report 2012」より

全文のPDF
  http://www3.weforum.org/docs/WEF_GenderGap_Report_2012.pdf
日本語版プレスリリース
  http://www3.weforum.org/docs/WEF_NR_GlobalGenderGapReport_2012_JP.pdf
朝日新聞
  http://www.asahi.com/national/update/1024/TKY201210240613.html

NHKのWebニュースでは以下のように伝えられています
男女格差 日本は101位に後退
10月24日 7時9分
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121024/t10015967681000.html

世界各国の男女の社会的な格差についての調査で、日本は女性の議員が少ないことなどから135か国中、101位と前の年より順位を3つ落とし、依然、低いランクにとどまっています。
各国の政治や経済界のリーダーが集まる「ダボス会議」の主催で知られるスイスの経済研究機関、「世界経済フォーラム」は、政界や経済界への参加や教育の機会などの観点から世界各国の男女の格差について毎年、調査しています。
24日、公表されたことしの調査結果では、対象となった135か国のうち、各分野を通じて男女格差がもっとも少ないとされたのは4年連続でアイスランドでした。
また、2位がフィンランド、3位がノルウェーと、上位は例年通り、北欧諸国で占められました。
一方日本は、前の年より順位を3つ落として101位でした。
これは主要国のなかでは最も低い水準で、報告書では、国会議員や企業経営者に引き続き女性の割合が低いと指摘されています。
アジア・オセアニア地域のなかで最も順位が高かったのは6位に入ったニュージーランド、ついで8位のフィリピンで、このほかイギリスが18位、アメリカは22位、中国は69位でした。
by chakochan20 | 2012-10-29 08:53 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧