日本は有給休暇取得率、最下位

8月9日12時35分配信ロイターの記事で、有給使い切る国の1位はフランス、日本は最下位。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100809-00000922-reu-int

 8月6日、有給休暇を使い切る労働者の割合の国別調査によると、日本は33%で最下位だった。写真は20080年10月、東京・新宿のビジネス街で(2010年 ロイター/Michael Caronna)  [ニューヨーク 6日 ロイター] 

 ロイターと調査会社イプソスが有給休暇を使い切る労働者の割合を国別で調査した結果、フランスが89%でトップ、日本が33%で最下位であることが分かった。
職場でのスーツ着用率、日本は世界で10位=調査
 調査は24カ国の約1万2500人を対象に実施。フランスに続き、アルゼンチンが80%、ハンガリーが78%、英国が77%と高かった一方、日本のほか、南アフリカとオーストラリアが47%、韓国が53%と低かった。
 イプソスのジョン・ライト上級副社長によると、所得の高低に関わらず世界の労働者の約3分の2が有給休暇を使い切っている。また、年齢別では50歳以下の若い人の方が有給を使い切る人が多く、「経営幹部クラスでは60%が使い切っていなかった」という。
 同氏は「有給を使い切らない理由はさまざまだろうが、仕事に対する義務感の強さが主な理由だろう」と話している。
 国別の有給休暇を使い切る労働者の割合は以下の通り。

フランス     89%
アルゼンチン  80%
ハンガリー   78%
英国      77%
スペイン    77%
サウジアラビア 76%
ドイツ     75%
ベルギー    74%
トルコ     74%
インドネシア  70%
メキシコ    67%
ロシア     67%
イタリア    66%
ポーランド   66%
中国      65%
スウェーデン  63%
ブラジル    59%
インド     59%
カナダ     58%
米国      57%
韓国      53%
オーストラリア 47%
南アフリカ   47%
日本      33%

 日本が有給休暇取得率、最下位ということには納得である。
なぜならば、私が定年まで30年勤めた㈱朝日熱学の有給休暇は、入った年は0。
二年目から6日。一年増すごとに1日づつ増え、21年目に最長20日になる。
しかし、残った休暇は次年度に繰り越すことが出来ず、切られます。
いつまでたっても、20日間でお終い。労働基準法に完全に違反しています。
さらに、5月の連休、お盆休みで会社が休みでも、有給休暇で充当させられます。
朝日熱学は零細企業、いや個人商店の域を脱していないのでしょうね。
社員は何も知らず、矛盾も感じず、ただ無気力に働いています。
今はいくらでもインターネットで情報を知ることも出来ます。
本人にその気があるかどうかの問題とも思うが、しかし今でも、中小企業と呼ばれる会社はこんなおかしなことがまかり通っている現実がある。
by chakochan20 | 2010-08-09 22:06 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧