山川菊枝生誕120周年記念事業講演

―「同一価値労働同一賃金について」―

日時:7月31日(土)13:30~16:30
場所:東京・女性と仕事の未来館
講師:重藤 都(I女性会議)「山川菊栄の労働論」
   浅倉むつ子(早稲田大学大学院)「労働法研究の立場から、男女の賃金格差を考える」
   森ます美(昭和女子大学)「社会政策研究の立場から、非正規労働の賃金格差を考える」

山川菊栄(1890~1980年)は、近代日本におけるフェミニズムや女性労働を語る上で、欠かすことのできない重要な人物である。
生誕120年・没後30年に当たる今年、山川菊栄の「婦人解放」に向けての思想と運動の軌跡をあらためて学び、山川菊栄の現代的意義を再検討するための記念事業講演です。

女性と仕事の未来館の交通アクセス
http://www.miraikan.go.jp/access/index.html
by chakochan20 | 2010-07-22 13:32 | お知らせ(150)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧