売れてる本のご紹介

「日本でいちばん大切にしたい会社」
「日本でいちばん大切にしたい会社」2
    坂本光司著、あさ出版=1470円

この中で精密機器を製造する樹研工業は、松浦社長の経営者の鏡とも思われるユニークな経営方針が働く人を支えている。
社員の採用は学歴・性別など問わず先着順。
60歳定年退職もない。
社員には60歳で退職金という形の一時金は支給するものの、再雇用という形で契約形態を変えるのではなく、そのまま正社員として働く。
そして、その間も継続して昇給は続けるという。
同社の社員は60歳過ぎたあたりが一番生産性が高く、それは損益計算書にしっかりと表れていて、定年制度を廃止してから、平均年齢と人件費が上がるたびに会社の業績は上がっている。人件費の伸び以上に利益が伸びているというのだ。
又、同じ人が長期間勤めてくれるのは中小企業にとっては技術開発の根本を支える土台でもあるという。働く人にとって夢のような会社ではないか!

売れてる本
http://book.asahi.com/bestseller/TKY201004280265.html

樹研工業とは
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2622
by chakochan20 | 2010-05-01 10:59 | お知らせ(150)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧