三井マリ子氏バックラッシュ裁判勝利

元都会議員の三井マリ子さんが、豊中市と豊中市の男女共同参画センター「すてっぷ」を運営する財団に対して、非常勤館長職を雇い止めされたこと、そして常勤館長職への採用を拒否されたことの違法性を主張して損害賠償請求をしていた裁判につき、大阪高裁の塩月秀平裁判長は、三井さん敗訴の一審判決を取消し、豊中市と財団に対して、連帯して金150万円と平成16年2月25日以降年5分の割合による遅延損害金の支払いを命じた。
行政を相手の有期雇用の雇い止め裁判では、国立情報学研究所・IGES財団法人地球環境戦略研究所裁判などあったが、いずれもお上に逆らう裁判は敗訴に終わっているなか、勝利したことは画期的なこと。
長い間に費やされたエネルギーを思うと、それに見合う損害賠償金ではないが、人間の尊厳を求め三井さんの諦めない頑張りと弁護団・学者の先生方の意見者・大勢の人の支援があったればこそ勝ち取った勝利である。おめでとう!
でも、多分豊中市は上告し、舞台は最高裁に向けまだまだ闘いは続くであろう。
三井さん頑張れ!

朝日新聞掲載記事
http://www.asahi.com/national/update/0331/OSK201003300240.html

判決文
http://fightback.fem.jp/2010.3.30-hanketu.pdf

バックラッシュ裁判のホームページ
http://fightback.fem.jp/
by chakochan20 | 2010-03-31 11:36 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧