民主308 政権交代

 今までの自民党政権の腐敗に対し、国民の怒りが爆発した結果の政権交代である。
が、民主への信頼、マニュフェストに惹かれたわけではなく、このままでは日本は駄目だ、取り合えず政治を変えなければという、止むに止まれぬ結果の現われだと思う。
天下り、随意契約、官製談合、薬害、年金、核兵器持込に絡む日米密約など、隠されてきた闇の部分を徹底検証し、医師不足、少子化対策、労働問題、高齢者問題なども積極的に取り組んでほしい。官僚が政策を積み上げ、政治が追認するという遣り方を改め、政策決定を首相官邸主導に一元化すること。
先の細川内閣の時のように、権力を握る小沢一郎氏の影響を受けることなく、鳩山氏はしっかりとしたビジョンのもと、新しい政権を確立してほしい。民主党は身を引き締め、いっそうの努力を求む。
 今度の選挙で、過去に問題発言・行動を行った人が落選しているのは快挙である。イタリアで酩酊記者会見をした中川昭一、女性問題の山崎拓、顔にばんそうこの赤城徳彦、女は産む機械発言の柳沢、不倫再婚の船田元等々。
その他大物議員の落選振りを見ると、古い頭の固い政治家から若い世代との交代もはっきりとみてとれる。小泉チュルドレンと言われ、刺客として送り込まれた片山さつき、佐藤ゆかりなども落選。実力のないものは自然淘汰される。
 大川隆法率いる宗教法人幸福の科学の「幸福実現党」は惨敗。何を持って全国に立候補者を擁立したのか?公明党はじめ、オウム真理教など宗教が政治にかかわるべきではないと思う。信仰とは己を追求、自己鍛錬の場としなければならないのでは?
 私が関わっている労働問題なども、議員院内集会で積極的に参加してくれるのは社民党の福島瑞穂氏、保坂展人氏、民主の小宮山洋子氏、神本美恵子氏、円より子氏など圧倒的に女性軍なのである。自民党議員などは一人たりとも参加者はいない。企業献金を積極的に受けている党は、労働者雇用のことなど問題にもしてこなかった。
  労働問題は共産党が昔から取り組んできたと、党首は声を大にして言っている。確かに共産党のマニュフェストは一番まともなものであると思うが、有言不実行、本音と建前が違う。先の院内集会でも共産党議員の参加はほとんどなかった。現場の生身の労働者の声を聞かずして、何が解るのか?
私が住む区の区会議員は共産党がとても多い。しかし、高級車を乗り回し、他の議員さんより上質な背広に身を包んでいるのは何故なのだろう?その上、私の朝日熱学に対する男女賃金差別裁判でも、会社側の弁護士は共産党員でありながら、到底労働者の味方とは言いがたい、嘘と捏造の準備書面で攻撃してきたのである。
 政治家・企業経営者・官僚・弁護士・裁判官等々、人の上に立つ人は欲を捨て、清く正しく、己に誇れるような人生を全うしてほしいものです。
by chakochan20 | 2009-08-31 10:04 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧