女性差別撤廃委員会(CEDAW)

 23日、国連の女性差別撤廃委員会は日本の女性差別について6年ぶりに審議、具体的対策を欠くとの厳しい意見が相次いだ。
 NGOであるワーキングウィメンズネットワーク(WWN)はこの日、最高裁判決を待つ兼松の原告たちを含め、総勢23名と共にニューヨーク国連本部にロビイング活動をするために乗りこんだ。ジェンダー意識の低い裁判官たちを外圧から、教育しようと立ち上がっているのである。住友電工の高裁判決時にも、原告たちと現地に行き、現状を訴え、勝利に導いている。
 日本政府は、前回2003年の時と同じ、従来の意見を鸚鵡返しに述べ、少しも前進することなく差別問題は相変わらずである。少しも差別裁判がなくならいのが明らかな証拠である。
 この報告をWWN代表の越堂静子氏が8月6日、女性労働問題研究会で発表する。

〔ニューヨーク共同通信〕2009/07/24 10:48
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072401000242.html

追伸:日本からNGOの皆さん84名の参加があり、その模様をアメリカNHK総局に配転になった榎原美樹記者が密着取材。7月29日(水)BSNHKにて午後11時から、全編が放映されます。皆さん是非ご覧ください。
by chakochan20 | 2009-07-26 15:21 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧