国民年金第3号被非保険者制度

 正社員のサラリーマンの妻たち、第3号被保険者たちは、保険料を支払わずに年金を受け取れる。彼女たちは夫が2人分支払っていると思い込んいるが、[第3号被保険者の保険料は、その配偶者が加入している厚生年金保険又は共済組合において、第3号被保険者の人数に応じ、公的年金制度として負担する仕組としているため、配偶者本人が直接負担するわけではない]
 女性の社会進出と男女の平等を促進しようという男女雇用均等法成立と同じ1985年に政府は女性の就業を抑制して就業するより主婦でいた方がメリットがあるという真逆の制度を違う省で創った結果であり、縦割り行政の弊害が顕著である。
それまではサラリーマンの配偶者も国民年金を支払ってきた。年金が遠い将来破綻することが解っていながら何故政府はこのような悪法を施行したのか。今の政策と同じ目先の選挙対策でしかないことだったのか?
その馬鹿政治家を選んだのも国民であり、人任せにし選挙に行かない若者にも原因がある。結果ワーキングプワーと呼ばれる、正社員にもなれない、いつ首を切られてもおかしくない派遣労働者が増えた。
 第3号被非保険者年金制度を背景に「女は養ってもらえばいい」が前提になって、年収103万円の所得調整をすれば夫の扶養家族として保険料が無料になり、企業は低賃金のパート労働者を確保。
その結果悪法派遣法がはびこり、未だ廃止もままならず是正もされず、昔から女性は貧困労働者であり、いつまでたっても男女雇用均等など是正されることもなく、差別もなくならない。
  国民年金第3号被非保険者制度は日本社会の勝ち組にたいする「国家規模での優遇措置」であり、自営業の国民年金加入者は夫も妻も一人の人間として個別に保険料を支払い、収入がなくても上記優遇措置はない。自分の国民民年金保険料がビンボウで支払えないときは「免除」申請ができる道があるが 将来給付されるとき「免除」の期間は50%に減額される。
 そして、国民年金第3号被非保険者は夫が死亡したときには、遺族年金として3/4、75%が支給される。不自 由な思いをして正社員として共稼ぎをし保険料を納めてきた女性は、昔は夫の遺族年金と自分の納めてきた年金と両方支給されたので、悠々自適な生活ができたそうだが、今はその時点でどちらかを選ばなければならない。ところが、女性の支給年金は32年正社員として働いた私でさえ、月12万円であり、夫の遺族年金のほうが多いのである。自分で収めてきた保険料は掛け捨て、放棄しなければならない現状である。国民年金第3号被非保険者が保険料を納めなくとも同じものを支給される。矛盾を感じざるを得ない。
  人間として当たり前に働き税金や保険料を納め、国民の義務を果たしても、依然として差別が生じ、格差社会がはびこっている。怒りばかりが増長、何時になったら穏やかな生活が送れるのやら‥
by chakochan20 | 2009-06-02 22:55 | 思うこと(19)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧