「彼女の名はサビーヌ」

フランス女優サンドリーヌ・ボネールが、自閉症の妹を追った25年のドキュメンタリー。
渋谷のミニシアター、アップリンクXにて公開。
精神病院への入院から病状が著しく悪化してしまった現在のサビーヌと、入院前の美しく快活だったころの彼女の姿を交互に映し出し、誤った治療がいかに悲劇を招くかを静かに訴えかける衝撃作だ。
サビーヌは兄の死がきっかけで母とパリを離れることになり、姉妹に会えなくなるとの不安から暴言、暴力に走り、28歳のときに入院。5年間の拘束服、薬づけで、30kgも太り、奇声・よだれ・失禁などの症状も出、精神も肉体も廃人同然となる。
今は専門の福祉施設で少しずつではあるが回復に向かいつつあるように見えるが‥。

私の知っている自閉症の方は、周囲の人と同じ行動が取れず、一人黙々と自分に興味あることしかしない。決して知能が遅れているわけではなく、むしろ偉大な才能を発揮する。自分の行動が、何故皆と違うか解らないので、周囲がそういう病気なのだと理解し、受け容れるよう努力していかねばと、常々思っている。

フランスも日本も似たり寄ったりの治療方法だと思うが、精神病院は病気を治療し、直すところではなく、人間としての誇り・思考力など砕き、生きた屍にするところなのだろうか?
素人なのでその辺のところが良く理解できないが、そこで働く専門の医師やお世話をする人の意見も一度お聞きしたい。

江東区女性バラバラ殺人の星島容疑者の執行猶予判決もとてもおかしい。
性の奴隷とするため、誘拐し・成り行きで殺し・その遺体をバラバラにし下水に流す。且つマスメディアのインタビューにしゃーしゃーと答えている。
本人は反省している、一人しか殺していないから、死刑ではなく執行猶予とは、いやはや日本の司法は何処かおかしいとしか思えない。
執行猶予では遠からず出所し、又同じような犯罪を犯すのではないかとの恐れもある。性犯罪者は病気なのだから、収監するだけではなく、治療が必要である。
被害者が一人であろうと複数であろうと、人の命の重みには差がないはず。
加害者の人権は守られても、被害者の人権はいつも置き去りにされる。法で罰することが出来ないのなら、自らの手で相手に復習したくなるのが人間の情である。罪を憎み人を憎まずなどいうことは、凡人には無理というもの。

そして、政治家の数々の失言、インタビュー記者に対する威けたけだかな暴言。何様だと思っているのだろうか。政治家が「せんせい」と呼ばれるほど偉い人なのであろうか?
大いなる勘違い!だと思う。
「せんせい」と呼ぶのにふさわしい職業は、学校の先生・医者・弁護士くらいしかいないと思うのだが。

人生の折り返し地点をとっくに過ぎ、人を見送り、祀る行事ばかりの今日この頃であり、人間の尊厳において、人はすべからず平等でなければならないと強く思う。


「彼女の名はサビーヌ」
http://www.uplink.co.jp/sabine/
サンドリーヌ・ボネール監督の「わたしたちにできること」
http://www.56press.com/sabine0902/index.html
アップリングXは、
http://www.uplink.co.jp/top.php
by chakochan20 | 2009-02-28 10:33 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧