京品ホテル強制執行へ

 昨年10月、経営破綻をしたリーマンブラザーズのペーパーカンパニー、ハゲタカファンドによる買収劇で京品ホテルK社長は廃業を宣言、従業員を一方的に全員解雇。
大方の従業員が東京ユニオンに加入し、解雇撤回を求めて東京都労働委員会や東京地裁で闘いながら、飲食店を自主営業、多くの支援者に支えられここまで来た。
しかし、京品ホテル側は東京地裁にホテルの明け渡しを求めて仮処分申請を出し、15日あろうことか蓮井裁判官は「従業員は解雇が正当かどうかを争うことができるが、廃止した事業を再開するよう求める権利はない」「使用者による事業の決定は、事業者が自由に行い得る」と述べ、2週間以内の明け渡しの命令を出し、強制執行の見通しが強まった。東京ユニオンは、即日記者会見をし、「座り込みなどで最後まで抵抗する」という。
 利便性の良い品川駅前でのホテル・飲食店経営は利益を出しているにもかかわらず、2代目か3代目か?ボンボン社長の放漫経営の犠牲(債務60億円)で、いとも簡単に解雇されてしまう。廃業に至るまでの努力もせず、売却、自分だけ借金棒引きでにこにこ。ふざけんなー!

http://ja.wikipedia.org/wiki/京品ホテル
http://www.asahi.com/special/08016/TKY200901250110.html
by chakochan20 | 2009-01-20 10:01 | ニュース(155)

男女同一価値労働同一報酬


by chakochan20
プロフィールを見る
画像一覧